【真面目に不純文学】アトピー(小説/短編55ページ)

【真面目に不純文学】アトピー(小説/短編55ページ)


<真面目に不純文学>作品001

「水の入ったプラスチックグラスを持ってきたその女の店員の腕は、ひどいアトピーに覆われていた。熟れて盛り上がった赤黒い肉を見てパーキーは妙な気分になった。恐怖と興奮が入り混じったような、不思議で、どこか魅力的で、それなのになぜか罪悪感を覚えるような、そんな複雑な気分だ。爪で強く掻いたのかその一部の皮膚は裂けていて、透明感のある血液が生物的な光沢を放っている。あそこに触れたらきっとあの液体は糸を引くに違いないとパーキーは思いながら、その傷だらけの腕がグラスをテーブルに置く様子にじっと見入った。」(作品冒頭)

androbook用小説アプリです。

※気分を害する表現を含む場合があります。

※こちらの作品はhttp://roukodama.blogspot.com/2011/02/blog-post_6589.htmlでも閲覧可能です(無料)

※Androbookビューワがインストールされていない場合、自動的にダウンロード画面に以降します。

※起動時にエラーがでた場合、一度アプリを閉じて再試行してください。

短編55ページ
性的描写なし
暴力描写なし
Add to list
Free
100
5.0
User ratings
2
Installs
500+
Concerns
0
File size
56 kb
Screenshots
Screenshot of 【真面目に不純文学】アトピー(小説/短編55ページ) Screenshot of 【真面目に不純文学】アトピー(小説/短編55ページ)

About 【真面目に不純文学】アトピー(小説/短編55ページ)
<真面目に不純文学>作品001

「水の入ったプラスチックグラスを持ってきたその女の店員の腕は、ひどいアトピーに覆われていた。熟れて盛り上がった赤黒い肉を見てパーキーは妙な気分になった。恐怖と興奮が入り混じったような、不思議で、どこか魅力的で、それなのになぜか罪悪感を覚えるような、そんな複雑な気分だ。爪で強く掻いたのかその一部の皮膚は裂けていて、透明感のある血液が生物的な光沢を放っている。あそこに触れたらきっとあの液体は糸を引くに違いないとパーキーは思いながら、その傷だらけの腕がグラスをテーブルに置く様子にじっと見入った。」(作品冒頭)

androbook用小説アプリです。

※気分を害する表現を含む場合があります。

※こちらの作品はhttp://roukodama.blogspot.com/2011/02/blog-post_6589.htmlでも閲覧可能です(無料)

※Androbookビューワがインストールされていない場合、自動的にダウンロード画面に以降します。

※起動時にエラーがでた場合、一度アプリを閉じて再試行してください。

短編55ページ
性的描写なし
暴力描写なし

User reviews of 【真面目に不純文学】アトピー(小説/短編55ページ)
Write the first review for this app!
Android Market Comments
No comments in the Android market yet