イケメン武将相性診断

イケメン武将相性診断


あの大人気のイケメン武将相性診断が公式Androidアプリとして登場!
あなたはどのタイプ?相性100%のイケメン武将の待ち受けをコンプリートしよう。

●○イケメン武将相性診断とは?○●

~あなたと戦国武将の相性診断~

歴史上の登場人物「戦国武将」とあなたの相性を診断します。

群雄割拠…たくさんの英雄が各地に勢力を張って互いに争うこと。

診断するのは、そんな群雄割拠の戦国時代でいずれも最強武将と呼ばれた武将達。
あなたは憧れのあの武将とどのくらい相性が良いのでしょうか。
やって納得!様々な逸話や武将データから、武将との相性と、あなたにおすすめの武将を診断します。

―登場武将紹介―

■豊臣秀吉

戦国時代(室町時代後期)から安土桃山時代の戦国大名。
戦国・安土桃山時代における三英傑の一人。
百姓として生まれた秀吉は、織田信長に士官し、 清洲城の普請奉行、台所奉行などを率先して引き受けて大きな成果を挙げる。また信長の草履取りをした際に、冷えた草履を懐に入れて温めておいたことなどで信長にかわいがられており、その風貌から「猿」「禿げ鼠」と呼ばれていた。
信長の没後、幾多の戦乱を勝ち抜き、ついには天下統一を成し遂げた男である。
有力大名に自身への忠誠を誓わせる刀狩令や、本邸として聚楽亭を構えるなど、歴史的偉業の多い彼は、
「人たらし」と称せられるほどに人の心を掴む天才とされており、非常にスケールの大きい「大人気者」であったと言われている。文化的修養を積むことに関心があり、特に能楽には無邪気なほど熱中していたとされる。
茶人として独自の境地を切り開いたり、能筆では北大路魯山人に高く評価されるほどの達筆であったが、文字の正確さにはこだわらないなど、人と同じに振舞うことを嫌う傾奇者の一面も持ち合わせていた。


■真田幸村(真田信繁)

安土桃山時代から江戸時代初期の武将。
秀吉の死後、関ヶ原の合戦では父と共に西軍に加勢し、少数精鋭で徳川軍をてこずらせたが、敗北を喫する。
その後、大阪冬の陣では鉄砲隊を用いて徳川方の先方隊に大打撃をあたえ、
大軍勢であった越前松平勢、加賀前田勢等を見事に撃退して見せた。
大坂夏の陣では、道明寺の戦いにおいて、伊達政宗隊の先鋒を銃撃戦の末に一時的に大打撃を与えて後退させるなど、
多くの武勲を残し、戦国一の知略家とも言われている。
戦国一の知略家とも言われている。
兄・信之の言葉によると、幸村は柔和で辛抱強く、物静かで怒る様なことは無いという、およそ勇猛な武将のイメージとはかけ離れたものであったようである。


■徳川家康
戦国時代から江戸時代初期の戦国武将。江戸幕府の初代征夷大将軍で、
三英傑の一人。
関ヶ原の戦いにて自身の率いる東軍はほぼ完勝し、これによる覇権を決定付けた家康は、
15世紀後半に起こった応仁の乱から100年以上も続いた戦乱の時代(戦国時代、安土桃山時代)に終止符を打つ。
17世紀初めから19世紀後半に至るまで264年間続く江戸時代を画した人物である。
武術の達人としても名高く、剣術、砲術、弓術、馬術、水術等の武術について一流の域に達していたとされる。
鷹狩りと薬づくりを特に好んだが、南蛮時計などの新しい物も好む非常に多趣味な人物。
関ヶ原の合戦では、家来に石鹸を使用させ、感染症を予防させるなど健康オタクな一面を持ち、その甲斐あってか当時としては長寿な75歳まで生きたとされている。


■伊達政宗
戦国時代から江戸時代前期の武将。
幼少時に患った疱瘡(天然痘)により右目を失明し隻眼となったことから「独眼竜」等と称されている。
政宗は豊臣政権時代から、隙あらば天下を簒奪しようと何度も策略していたとされているが、
秀吉による天下統一でそれが無理とわかった政宗は、仙台を豊かにすることに努めたとされる。
したたかで、秀吉や家康も警戒するほどに隙のない印象の政宗であるが、酒には滅法弱く、酔って失敗した逸話がいくつか残されている。当時の大名としては極めて異例な趣味である料理を好み、現代の仙台名物「ずんだ餅」も政宗が考案したという説もある。

■織田信長
戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。
戦国時代における三英傑の1人。
永禄3年、今川義元を桶狭間の戦いで破り、新興勢力として台頭した信長は足利義昭を擁立。しかしその後その義昭を追放し、室町幕府を滅亡させる。天下人として天下布武を推し進め、織田政権として楽市楽座や検地などの政策を用いた。
幼少期から奇妙な行動が多く、周囲からは尾張の大うつけと称されるほど破天荒な性格であったとされる。
「鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス」という歌は後世まで語り継がれている。
無敵とされた武田信玄率いる騎馬隊を火縄銃を用いた戦術で圧勝を収めるなど伝説的な武勲をもつ信長だが、その最期は本能寺にて謀反を起こされた明智光秀により自害で終える事となる。

■武田信玄
戦国時代の武将。
風林火山の軍旗を用い、甲斐の虎または甲斐の龍と呼ばれ、無敵と呼ばれた騎馬軍団を率いた伝説的な人物像が世間に広く浸透している。豪快なイメージのある信玄だが、「三ツ者」と呼ばれる隠密組織や「歩き巫女」と呼ばれる忍びの術を仕込ませた少女に諜報活動を行わせるなど情報収集を重要視しており、「足長坊主」と異称されたとも言われている。
川中島にて5回に及び対立した上杉謙信のよき好敵手とされている。信長の支配地域においても、「武田軍と上杉軍の強さは天下一である」と噂されるほどで、戦国時代の象徴ともいえる、まさに「武神」と呼ばれる存在であった。
また、甲州武田家の家紋である武田菱も、旧甲斐国の山梨県では、甲府駅から一般家屋に至るまであらゆる場所に見ることができる。


■上杉謙信
戦国時代の武将。
越後の虎や越後の龍、軍神と称される。
野戦において戦国武将の中でも最高の指揮統率力を持つ戦術家とされており、そのあまりの強さゆえに謙信が敵地へ攻め込むと、殆どの敵は野戦で謙信と戦う不利を悟って籠城による持久戦をとる程であった。
自身を武神「毘沙門天」の化身と称し、本陣の旗印にも「毘」の文字を使うほどの熱心な毘沙門天の信仰家である。
軍事的手腕を発揮して武田信玄、北条氏康等の敵対勢力に対抗し、特に武田とはよきライバルとされていた。
謙信には恋物語が多いが、生涯不犯(妻帯禁制)を貫いたため、その子供は全員養子であったが、身の上を案じる手紙を頻繁に送るなど、子煩悩な一面をみせている。
逸話、伝説、俗説が多く、実は女性であったのではないかという説もある。


■明智光秀
戦国時代、安土桃山時代の武将
日本の歴史上最大の事件の一つとされる本能寺の変を起こした事で有名である。
自分を取り立ててくれた主君である信長を討ち滅ぼしたために、謀反人として歴史に名を残すことになったが、
なぜ謀反をしたのか確固たる原因や理由は未だ結論として出されてはいない。
武芸においては、飛ぶ鳥を撃ち落としたという、当時の火縄銃や弾丸の性能では考えられない逸話を残しており、
相当な鉄砲の名手であったとされる。
他に類を見ないほどの愛妻家としても知られている。
江戸時代初期に徳川家康の幕僚として活躍した僧、南光坊天海になったという異説もあり、歴史的に見ても謎を多く残す人物であるといえる。
Add to list
Free
75
3.8
User ratings
18
Installs
5,000+
Concerns
0
File size
3587 kb
Screenshots
Screenshot of イケメン武将相性診断 Screenshot of イケメン武将相性診断 Screenshot of イケメン武将相性診断 Screenshot of イケメン武将相性診断
About イケメン武将相性診断
あの大人気のイケメン武将相性診断が公式Androidアプリとして登場!
あなたはどのタイプ?相性100%のイケメン武将の待ち受けをコンプリートしよう。

●○イケメン武将相性診断とは?○●

~あなたと戦国武将の相性診断~

歴史上の登場人物「戦国武将」とあなたの相性を診断します。

群雄割拠…たくさんの英雄が各地に勢力を張って互いに争うこと。

診断するのは、そんな群雄割拠の戦国時代でいずれも最強武将と呼ばれた武将達。
あなたは憧れのあの武将とどのくらい相性が良いのでしょうか。
やって納得!様々な逸話や武将データから、武将との相性と、あなたにおすすめの武将を診断します。

―登場武将紹介―

■豊臣秀吉

戦国時代(室町時代後期)から安土桃山時代の戦国大名。
戦国・安土桃山時代における三英傑の一人。
百姓として生まれた秀吉は、織田信長に士官し、 清洲城の普請奉行、台所奉行などを率先して引き受けて大きな成果を挙げる。また信長の草履取りをした際に、冷えた草履を懐に入れて温めておいたことなどで信長にかわいがられており、その風貌から「猿」「禿げ鼠」と呼ばれていた。
信長の没後、幾多の戦乱を勝ち抜き、ついには天下統一を成し遂げた男である。
有力大名に自身への忠誠を誓わせる刀狩令や、本邸として聚楽亭を構えるなど、歴史的偉業の多い彼は、
「人たらし」と称せられるほどに人の心を掴む天才とされており、非常にスケールの大きい「大人気者」であったと言われている。文化的修養を積むことに関心があり、特に能楽には無邪気なほど熱中していたとされる。
茶人として独自の境地を切り開いたり、能筆では北大路魯山人に高く評価されるほどの達筆であったが、文字の正確さにはこだわらないなど、人と同じに振舞うことを嫌う傾奇者の一面も持ち合わせていた。


■真田幸村(真田信繁)

安土桃山時代から江戸時代初期の武将。
秀吉の死後、関ヶ原の合戦では父と共に西軍に加勢し、少数精鋭で徳川軍をてこずらせたが、敗北を喫する。
その後、大阪冬の陣では鉄砲隊を用いて徳川方の先方隊に大打撃をあたえ、
大軍勢であった越前松平勢、加賀前田勢等を見事に撃退して見せた。
大坂夏の陣では、道明寺の戦いにおいて、伊達政宗隊の先鋒を銃撃戦の末に一時的に大打撃を与えて後退させるなど、
多くの武勲を残し、戦国一の知略家とも言われている。
戦国一の知略家とも言われている。
兄・信之の言葉によると、幸村は柔和で辛抱強く、物静かで怒る様なことは無いという、およそ勇猛な武将のイメージとはかけ離れたものであったようである。


■徳川家康
戦国時代から江戸時代初期の戦国武将。江戸幕府の初代征夷大将軍で、
三英傑の一人。
関ヶ原の戦いにて自身の率いる東軍はほぼ完勝し、これによる覇権を決定付けた家康は、
15世紀後半に起こった応仁の乱から100年以上も続いた戦乱の時代(戦国時代、安土桃山時代)に終止符を打つ。
17世紀初めから19世紀後半に至るまで264年間続く江戸時代を画した人物である。
武術の達人としても名高く、剣術、砲術、弓術、馬術、水術等の武術について一流の域に達していたとされる。
鷹狩りと薬づくりを特に好んだが、南蛮時計などの新しい物も好む非常に多趣味な人物。
関ヶ原の合戦では、家来に石鹸を使用させ、感染症を予防させるなど健康オタクな一面を持ち、その甲斐あってか当時としては長寿な75歳まで生きたとされている。


■伊達政宗
戦国時代から江戸時代前期の武将。
幼少時に患った疱瘡(天然痘)により右目を失明し隻眼となったことから「独眼竜」等と称されている。
政宗は豊臣政権時代から、隙あらば天下を簒奪しようと何度も策略していたとされているが、
秀吉による天下統一でそれが無理とわかった政宗は、仙台を豊かにすることに努めたとされる。
したたかで、秀吉や家康も警戒するほどに隙のない印象の政宗であるが、酒には滅法弱く、酔って失敗した逸話がいくつか残されている。当時の大名としては極めて異例な趣味である料理を好み、現代の仙台名物「ずんだ餅」も政宗が考案したという説もある。

■織田信長
戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。
戦国時代における三英傑の1人。
永禄3年、今川義元を桶狭間の戦いで破り、新興勢力として台頭した信長は足利義昭を擁立。しかしその後その義昭を追放し、室町幕府を滅亡させる。天下人として天下布武を推し進め、織田政権として楽市楽座や検地などの政策を用いた。
幼少期から奇妙な行動が多く、周囲からは尾張の大うつけと称されるほど破天荒な性格であったとされる。
「鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス」という歌は後世まで語り継がれている。
無敵とされた武田信玄率いる騎馬隊を火縄銃を用いた戦術で圧勝を収めるなど伝説的な武勲をもつ信長だが、その最期は本能寺にて謀反を起こされた明智光秀により自害で終える事となる。

■武田信玄
戦国時代の武将。
風林火山の軍旗を用い、甲斐の虎または甲斐の龍と呼ばれ、無敵と呼ばれた騎馬軍団を率いた伝説的な人物像が世間に広く浸透している。豪快なイメージのある信玄だが、「三ツ者」と呼ばれる隠密組織や「歩き巫女」と呼ばれる忍びの術を仕込ませた少女に諜報活動を行わせるなど情報収集を重要視しており、「足長坊主」と異称されたとも言われている。
川中島にて5回に及び対立した上杉謙信のよき好敵手とされている。信長の支配地域においても、「武田軍と上杉軍の強さは天下一である」と噂されるほどで、戦国時代の象徴ともいえる、まさに「武神」と呼ばれる存在であった。
また、甲州武田家の家紋である武田菱も、旧甲斐国の山梨県では、甲府駅から一般家屋に至るまであらゆる場所に見ることができる。


■上杉謙信
戦国時代の武将。
越後の虎や越後の龍、軍神と称される。
野戦において戦国武将の中でも最高の指揮統率力を持つ戦術家とされており、そのあまりの強さゆえに謙信が敵地へ攻め込むと、殆どの敵は野戦で謙信と戦う不利を悟って籠城による持久戦をとる程であった。
自身を武神「毘沙門天」の化身と称し、本陣の旗印にも「毘」の文字を使うほどの熱心な毘沙門天の信仰家である。
軍事的手腕を発揮して武田信玄、北条氏康等の敵対勢力に対抗し、特に武田とはよきライバルとされていた。
謙信には恋物語が多いが、生涯不犯(妻帯禁制)を貫いたため、その子供は全員養子であったが、身の上を案じる手紙を頻繁に送るなど、子煩悩な一面をみせている。
逸話、伝説、俗説が多く、実は女性であったのではないかという説もある。


■明智光秀
戦国時代、安土桃山時代の武将
日本の歴史上最大の事件の一つとされる本能寺の変を起こした事で有名である。
自分を取り立ててくれた主君である信長を討ち滅ぼしたために、謀反人として歴史に名を残すことになったが、
なぜ謀反をしたのか確固たる原因や理由は未だ結論として出されてはいない。
武芸においては、飛ぶ鳥を撃ち落としたという、当時の火縄銃や弾丸の性能では考えられない逸話を残しており、
相当な鉄砲の名手であったとされる。
他に類を見ないほどの愛妻家としても知られている。
江戸時代初期に徳川家康の幕僚として活躍した僧、南光坊天海になったという異説もあり、歴史的に見ても謎を多く残す人物であるといえる。

User reviews of イケメン武将相性診断
Write the first review for this app!
Android Market Comments
No comments in the Android market yet