データベーススペシャリスト過去問題集

データベーススペシャリスト過去問題集


データベーススペシャリスト(DB)の平成21年から26年秋共通に出題された試験問題を収録したアプリです。

各年度と春期、秋期毎に分けられた設問を予習するモードとクイズ形式で学習する演習モード、不正解だった問題や復習したい問題をチェックしておくことで抜粋された問題のみ学習できる復習モードが収録されています。
演習、復習画面では計算に便利なメモ機能を搭載。設定画面で設定することで一度に出題される問題数や一問あたりの制限時間も変更することが出来ます。
また、グラフ画面では過去20日間の日付毎の勉強回数、問題の正解率、正答数、誤答数、そして現在までの累計正答数、誤答数が確認出来ます。

[課金について]
昨年の問題(平成25年度)を無料でご利用いただけます。
2年前以前の過去問をご利用になる場合は、課金をお願いいたします。
1回の課金で全ての年度の過去問が利用可能になります。

【各モードの操作説明】
[タイトル画面]
・アプリを起動すると、タイトル画面が表示されます。STARTボタンをタップすると次の画面へ遷移します。

[問題リスト画面]
・年度と章毎に分けられた演習問題リストが表示されます。任意のリストをタップするとリストが表示されます。問題数は章毎に異なります。
・章のタイトル表示の横に、成績がパーセントで表示されます。これはその章のうちどれだけ正しく解答出来たかを表しており、同じ設問を何度正解してもパーセントは上昇しません。
・リスト上部の表示は何日間継続して勉強したかを表しており、演習モードを章一つ分全て解答するとカウントされます。この際、解答の正誤は関係ありません。
・章毎に予習、演習、復習のボタンがあり、それぞれ予習モード、演習モード、復習モードへ遷移します。
・画面下のボタンからそれぞれ設定画面、操作説明画面、グラフ画面へと遷移します。
[予習モード]
・選んだ章に収録されている設問をランダムな順番で表示します。画面右下の「次の問題」ボタンを押すと次の設問を表示し、該当章の全ての設問を表示すると「次の問題」ボタンが非表示になります。
・問題数の隣に表示されるアイコンは、演習モードでその問題を正解したことがあるかどうかを表しています。
・画面左上の「終わる」ボタンを押すと、途中でも問題リスト画面へ戻ることが出来ます。
・画面右上の「解説」ボタンを押すと、問題の解説画面へ遷移します。

[問題演習モード]
・選んだ章に収録された設問をクイズ形式で表示します。画面下部のボタンを選んでタップして解答します。
・オプションで制限時間を設定している場合、時間内に解答しなければ自動的に不正解となります。
・解答後、正解または不正解の表示と共に解説ボタン、次の問題へボタンが表示されます。それぞれタップすることで解説画面と次の問題へ遷移します。
・画面上部のメモボタンを押すと画面に手書きでメモが出来るようになります。再度押すと元の状態に戻ります。
・画面左上の「戻る」ボタンから問題の途中でも問題画面へ戻ることが出来ます。
・パスボタンを押すと、その問題をパスすることが出来ます。

[復習モード]
・演習モードでチェックを入れた問題のみ出題し、復習することが出来ます。ここでの解答は成績には影響しません。問題を出題させたくない場合は画面上部のチェックボタンをタップして、チェックを外してください。※このモードはチェックしてある問題が一つ以上ないと選択できません。

[アイコン説明]
・過去に正解したことのある問題の場合、「正解済み」の欄にチェックマークアイコンが表示されます。
・画面右上には現在の正答数が表示されています。

[成績グラフ画面]
・問題リスト画面から成績グラフ画面に遷移すると、初期状態では勉強回数のグラフが表示されます。これは日付毎の問題演習モードを最後まで解いた数を表しています。
・他にも画面左のボタンから、正解率グラフ、正誤数グラフ、累計グラフを表示します。
・正解率グラフは日付毎の演習モードの正解率を表しています。
・正誤数グラフは日付毎の演習モードの合計正解数、不正解数を表示しています。
・累計グラフは現在までの累計正解数、不正解数を表示しています。

[オプション画面]
・出題数変更をタップすると、演習モードで一度に出題される問題数を変更することが出来ます。初期状態では全問に設定されており、それ以外に設定すると出題される際にはまだ正解したことのない問題が優先して出題されます。(出題順はランダムです。また、全問正解している場合は従来通りランダムに出題されます。また、収録されている設問数が設定値以下の場合もあります)
・背景色・文字色変更をタップすると、背景色と文字色を変更出来ます。背景色白・文字色黒のパターンと背景色黒・文字色白の二通りから選択出来ます。選択された色は予習モード、演習モードに適応されます。
・制限時間変更をタップすると、演習モードでの解答時に制限時間を設けることが出来ます。初期設定ではOFFに設定されています。
・メモ機能をタップすると、メモ機能使用時の描画位置を調整することが出来ます。
・成績全削除をタップすると、確認の後全ての正解率をリセットします。
・画面固定をタップすると、予習画面、演習画面、復習画面での画面の向きを設定できます。初期設定では端末の向きにあわせて画面が回転する「固定しない」に設定されています。
・効果音をタップすると、演習画面、復習画面の解答時の音など、効果音のON・OFFを設定できます。

[操作説明画面]
・本項と同じ内容を確認出来ます。

Recent changes:
Ver.2014.4
・平成22年度秋期の午前Ⅰ問題に解説を追加しました。
→順次解説を追加していきます。
Add to list
Free
71
3.6
User ratings
5
Installs
1,000+
Concerns
0
File size
7173 kb
Screenshots
Screenshot of データベーススペシャリスト過去問題集 Screenshot of データベーススペシャリスト過去問題集 Screenshot of データベーススペシャリスト過去問題集 Screenshot of データベーススペシャリスト過去問題集 Screenshot of データベーススペシャリスト過去問題集 Screenshot of データベーススペシャリスト過去問題集 Screenshot of データベーススペシャリスト過去問題集 Screenshot of データベーススペシャリスト過去問題集 Screenshot of データベーススペシャリスト過去問題集
About データベーススペシャリスト過去問題集
データベーススペシャリスト(DB)の平成21年から26年秋共通に出題された試験問題を収録したアプリです。

各年度と春期、秋期毎に分けられた設問を予習するモードとクイズ形式で学習する演習モード、不正解だった問題や復習したい問題をチェックしておくことで抜粋された問題のみ学習できる復習モードが収録されています。
演習、復習画面では計算に便利なメモ機能を搭載。設定画面で設定することで一度に出題される問題数や一問あたりの制限時間も変更することが出来ます。
また、グラフ画面では過去20日間の日付毎の勉強回数、問題の正解率、正答数、誤答数、そして現在までの累計正答数、誤答数が確認出来ます。

[課金について]
昨年の問題(平成25年度)を無料でご利用いただけます。
2年前以前の過去問をご利用になる場合は、課金をお願いいたします。
1回の課金で全ての年度の過去問が利用可能になります。

【各モードの操作説明】
[タイトル画面]
・アプリを起動すると、タイトル画面が表示されます。STARTボタンをタップすると次の画面へ遷移します。

[問題リスト画面]
・年度と章毎に分けられた演習問題リストが表示されます。任意のリストをタップするとリストが表示されます。問題数は章毎に異なります。
・章のタイトル表示の横に、成績がパーセントで表示されます。これはその章のうちどれだけ正しく解答出来たかを表しており、同じ設問を何度正解してもパーセントは上昇しません。
・リスト上部の表示は何日間継続して勉強したかを表しており、演習モードを章一つ分全て解答するとカウントされます。この際、解答の正誤は関係ありません。
・章毎に予習、演習、復習のボタンがあり、それぞれ予習モード、演習モード、復習モードへ遷移します。
・画面下のボタンからそれぞれ設定画面、操作説明画面、グラフ画面へと遷移します。
[予習モード]
・選んだ章に収録されている設問をランダムな順番で表示します。画面右下の「次の問題」ボタンを押すと次の設問を表示し、該当章の全ての設問を表示すると「次の問題」ボタンが非表示になります。
・問題数の隣に表示されるアイコンは、演習モードでその問題を正解したことがあるかどうかを表しています。
・画面左上の「終わる」ボタンを押すと、途中でも問題リスト画面へ戻ることが出来ます。
・画面右上の「解説」ボタンを押すと、問題の解説画面へ遷移します。

[問題演習モード]
・選んだ章に収録された設問をクイズ形式で表示します。画面下部のボタンを選んでタップして解答します。
・オプションで制限時間を設定している場合、時間内に解答しなければ自動的に不正解となります。
・解答後、正解または不正解の表示と共に解説ボタン、次の問題へボタンが表示されます。それぞれタップすることで解説画面と次の問題へ遷移します。
・画面上部のメモボタンを押すと画面に手書きでメモが出来るようになります。再度押すと元の状態に戻ります。
・画面左上の「戻る」ボタンから問題の途中でも問題画面へ戻ることが出来ます。
・パスボタンを押すと、その問題をパスすることが出来ます。

[復習モード]
・演習モードでチェックを入れた問題のみ出題し、復習することが出来ます。ここでの解答は成績には影響しません。問題を出題させたくない場合は画面上部のチェックボタンをタップして、チェックを外してください。※このモードはチェックしてある問題が一つ以上ないと選択できません。

[アイコン説明]
・過去に正解したことのある問題の場合、「正解済み」の欄にチェックマークアイコンが表示されます。
・画面右上には現在の正答数が表示されています。

[成績グラフ画面]
・問題リスト画面から成績グラフ画面に遷移すると、初期状態では勉強回数のグラフが表示されます。これは日付毎の問題演習モードを最後まで解いた数を表しています。
・他にも画面左のボタンから、正解率グラフ、正誤数グラフ、累計グラフを表示します。
・正解率グラフは日付毎の演習モードの正解率を表しています。
・正誤数グラフは日付毎の演習モードの合計正解数、不正解数を表示しています。
・累計グラフは現在までの累計正解数、不正解数を表示しています。

[オプション画面]
・出題数変更をタップすると、演習モードで一度に出題される問題数を変更することが出来ます。初期状態では全問に設定されており、それ以外に設定すると出題される際にはまだ正解したことのない問題が優先して出題されます。(出題順はランダムです。また、全問正解している場合は従来通りランダムに出題されます。また、収録されている設問数が設定値以下の場合もあります)
・背景色・文字色変更をタップすると、背景色と文字色を変更出来ます。背景色白・文字色黒のパターンと背景色黒・文字色白の二通りから選択出来ます。選択された色は予習モード、演習モードに適応されます。
・制限時間変更をタップすると、演習モードでの解答時に制限時間を設けることが出来ます。初期設定ではOFFに設定されています。
・メモ機能をタップすると、メモ機能使用時の描画位置を調整することが出来ます。
・成績全削除をタップすると、確認の後全ての正解率をリセットします。
・画面固定をタップすると、予習画面、演習画面、復習画面での画面の向きを設定できます。初期設定では端末の向きにあわせて画面が回転する「固定しない」に設定されています。
・効果音をタップすると、演習画面、復習画面の解答時の音など、効果音のON・OFFを設定できます。

[操作説明画面]
・本項と同じ内容を確認出来ます。

Recent changes:
Ver.2014.4
・平成22年度秋期の午前Ⅰ問題に解説を追加しました。
→順次解説を追加していきます。

User reviews of データベーススペシャリスト過去問題集
Write the first review for this app!
Android Market Comments
No comments in the Android market yet