京都禅寺巡り

京都禅寺巡り


禅寺を征する者は京都を征す――こう言ってもいいくらい、京都の禅寺には名所が多い。京都観光として多くの方が参詣する金閣寺、銀閣寺、龍安寺、高台寺などの有名寺院や、通天橋からの紅葉が大人気の東福寺もすべて禅寺。これらの寺院を含めた72ヶ寺を案内する、歴女や仏像ガールにも必見の至れり尽くせりなAndroid/iPhoneアプリです。

『京都禅寺巡り』は、臨済宗・黄檗宗の研究機関として活動する「公益財団法人 禅文化研究所」と日本システム技術、和合舎の三者が業務提携を行い企画・開発。京都にある臨済宗・黄檗宗寺院の情報を総合的に提供し、お寺文化と歴史に興味を持つ人たちにより深く禅文化を知ってもらうアプリを制作しました。

一般公開している寺院の拝観情報やアクセス情報はもちろん、各寺院の持つ歴史について解説。寺院の建物や庭園の歴史、お寺を開いたお坊さんのライフヒストリーから襖絵の作者まで、「知りたい」気持ちをきめ細やかにフォローアップします。また、通常非公開寺院の特別拝観情報もアップデートされるので、旅先でチェックすれば思わぬご利益が得られるかも?


【機能紹介】
■禅寺コレクト
72ヶ寺の中から特に数ヶ寺を特集して、詳細な情報をご案内します。日本仏教史、禅宗史上で特筆すべき寺院ばかりですから、寺院建立の歴史、開山禅師のご生涯など、かなり詳しい情報を満載。ほかにも貴重な仏像や絵画、季節ごとの寺院の風景など、見るだけで癒されそうな画像も多数収録。一部エリアでは、収録されている風景の前に立ってカメラを起動し画像に重ねるようにすると、画面上で、例えば真夏に紅葉の季節のイメージを見ることもできます。

■禅寺巡り(検索)
臨済宗・黄檗宗の有名寺院だけでなく、周辺にある各派末寺にもご案内します。桜や紅葉など美しい庭園のお寺、国宝や重要文化財の建築物のあるお寺、精進料理やお抹茶をいただけるお寺を簡単に検索できます。坐禅や写経をしたいといった要望にも役立ちます。検索にヒットした寺院情報では、通常非公開にされているような貴重な宝物を、スマートフォン独特の臨場感のある美しい画像で閲覧することもできます。寺院やコンテンツは適宜追加します。

■カメラ&アルバム
本アプリケーションからカメラ撮影した写真は、GPS機能により撮影場所が自動記録されます。そのためアルバム機能では禅寺毎に整理された撮影写真を見ることができ、思い出をサポートします。

■スタンプ
GPS機能により、利用者が寺院を参拝すると、寺院固有の紋章である寺紋などをスマートフォンの画面に登録し、まるでスタンプラリーのように集めることができます。まずは禅寺コレクト13ヶ寺の寺紋やマークをゲットして、コンプリートしてみましょう。今後も新たなスタンプラリーを計画しています。
※スタンプを2個目以上取得するには、有料登録が必要となります。

■クイズ
中国で生まれた禅は、鎌倉時代に日本にわたって我が国独自の禅の文化を創り出しました。公益財団法人 禅文化研究所にて作成した「禅クイズ」で、そういった禅の歴史や禅の文化についての知識をユーザーに問いかけます。興味深く気軽に禅の知識を理解・習得でき、京都観光の予習・復習にも役立ちます。10問が出題される「お試し」と、簡単なものから難解な問題まで合計100問からランダムに出題される「修行」(有料登録必要)があります。


■法話・禅語
臨済宗・黄檗宗の布教師による法話を閲覧することができます。また、禅問答から生まれた禅語は、一般の方々にも興味を持っていただける禅文化のひとつであり、この禅語の解説を含めて、毎月更新していきます。

■情報配信
待ち受け画面にウィジェットを設置するだけで、特別参拝や法要などの情報が届きます。年間行事や催しの情報に触れ、禅寺の様々な表情をお楽しみいただけます。
※情報の更新都度となりますので、配信頻度は一定ではありません。


【注意事項】
本サービスは無料でご利用できます。(別途パケット料金(通信料)が必要です。)ただし、一部コンテンツは有料サービスとなっております。本アプリ内にて有料登録を行いますと、アプリ内の全てのコンテンツをご利用になれます。
※有料サービス内容※
・音声ガイド
・各寺院の寺宝一覧
・クイズ(修行モード)
・スタンプラリー
・フォトギャラリー

【動作環境】
Android2.1以上


【動作確認機種】
①DoCoMo
・F-12C
・P-07C
・N-04C(MEDIAS)
・N-06C(MEDIAS WP)
・SH-03C(LYNX 3D)
・SH-12C(AQUOS PHONE)
・SH-13C(AQUOS PHONE)
・Xperia(SO-01B)
・Xperia arc(SO-01C)
・Xperia acro(SO-02C)
・Xperia ray(SO-03C)
・L-07C(Optimus Bright)
・SC-02B(GALAXY S)
・SC-02C(GALAXY SII)
・T-01C(REGZA PHONE)
②au
・IS11CA(G'zOne)
・IS11S(Xperia acro)
・IS04(REGZA PHONE)
・IS11T(REGZA PHONE)
・IS03
・IS05
・IS11SH(AQUOS PHONE)
・IS12SH(AQUOS PHONE)
・INFOBAR A1
・IS06
・IS11PT
・ISW11HT(htc EVO WiMAX)
③Softbank
・003SH
・005SH
・006SH
・007SH(AQUOS PHONE THE HYBRID)
・009SH
・003P
・X06HT(HTC Desire)
・X06HTII(HTC Desire)
・003Z
・008Z(シンプルスマートフォン)
④Disney mobile
・DM009SH
※上記端末についても、利用環境によって必ずしも、表示、動作を保障するものではありません。


【ご意見/ご要望】
下記メールアドレスまでご連絡お願いいたします。
[email protected]

Recent changes:
【ver.1.4.0】
①名称検索機能追加
②MAP現在地表示機能追加
③ピンチイン・ピンチアウト対応(ガイドマップ、アルバムマップ)
④ツールバーボタン変更

【ver.1.3.0】
①Facebook/Twitter連携
②フォトギャラリー追加(有料)
③SD移動対応(Android2.2以降)
④その他新機能追加

【ver.1.2.0】
①辰年・龍巡りスタンプ機能追加(有料)
②相国寺 美術館「承天閣美術館(じょうてんかくびじゅつかん)」情報追加

【ver.1.1.0】
①デザイン変更
②天龍寺 精進料理店「篩月(しげつ)」情報追加
③有料サービス開始
・音声ガイド
・各寺院の寺宝の詳細情報
・クイズ(修行モード)

【ver.1.0.0】
新規登録
Add to list
Free
80
4.0
User ratings
64
Installs
10,000+
Concerns
2
File size
2633 kb
Screenshots
Screenshot of 京都禅寺巡り Screenshot of 京都禅寺巡り Screenshot of 京都禅寺巡り Screenshot of 京都禅寺巡り Screenshot of 京都禅寺巡り
About 京都禅寺巡り
禅寺を征する者は京都を征す――こう言ってもいいくらい、京都の禅寺には名所が多い。京都観光として多くの方が参詣する金閣寺、銀閣寺、龍安寺、高台寺などの有名寺院や、通天橋からの紅葉が大人気の東福寺もすべて禅寺。これらの寺院を含めた72ヶ寺を案内する、歴女や仏像ガールにも必見の至れり尽くせりなAndroid/iPhoneアプリです。

『京都禅寺巡り』は、臨済宗・黄檗宗の研究機関として活動する「公益財団法人 禅文化研究所」と日本システム技術、和合舎の三者が業務提携を行い企画・開発。京都にある臨済宗・黄檗宗寺院の情報を総合的に提供し、お寺文化と歴史に興味を持つ人たちにより深く禅文化を知ってもらうアプリを制作しました。

一般公開している寺院の拝観情報やアクセス情報はもちろん、各寺院の持つ歴史について解説。寺院の建物や庭園の歴史、お寺を開いたお坊さんのライフヒストリーから襖絵の作者まで、「知りたい」気持ちをきめ細やかにフォローアップします。また、通常非公開寺院の特別拝観情報もアップデートされるので、旅先でチェックすれば思わぬご利益が得られるかも?


【機能紹介】
■禅寺コレクト
72ヶ寺の中から特に数ヶ寺を特集して、詳細な情報をご案内します。日本仏教史、禅宗史上で特筆すべき寺院ばかりですから、寺院建立の歴史、開山禅師のご生涯など、かなり詳しい情報を満載。ほかにも貴重な仏像や絵画、季節ごとの寺院の風景など、見るだけで癒されそうな画像も多数収録。一部エリアでは、収録されている風景の前に立ってカメラを起動し画像に重ねるようにすると、画面上で、例えば真夏に紅葉の季節のイメージを見ることもできます。

■禅寺巡り(検索)
臨済宗・黄檗宗の有名寺院だけでなく、周辺にある各派末寺にもご案内します。桜や紅葉など美しい庭園のお寺、国宝や重要文化財の建築物のあるお寺、精進料理やお抹茶をいただけるお寺を簡単に検索できます。坐禅や写経をしたいといった要望にも役立ちます。検索にヒットした寺院情報では、通常非公開にされているような貴重な宝物を、スマートフォン独特の臨場感のある美しい画像で閲覧することもできます。寺院やコンテンツは適宜追加します。

■カメラ&アルバム
本アプリケーションからカメラ撮影した写真は、GPS機能により撮影場所が自動記録されます。そのためアルバム機能では禅寺毎に整理された撮影写真を見ることができ、思い出をサポートします。

■スタンプ
GPS機能により、利用者が寺院を参拝すると、寺院固有の紋章である寺紋などをスマートフォンの画面に登録し、まるでスタンプラリーのように集めることができます。まずは禅寺コレクト13ヶ寺の寺紋やマークをゲットして、コンプリートしてみましょう。今後も新たなスタンプラリーを計画しています。
※スタンプを2個目以上取得するには、有料登録が必要となります。

■クイズ
中国で生まれた禅は、鎌倉時代に日本にわたって我が国独自の禅の文化を創り出しました。公益財団法人 禅文化研究所にて作成した「禅クイズ」で、そういった禅の歴史や禅の文化についての知識をユーザーに問いかけます。興味深く気軽に禅の知識を理解・習得でき、京都観光の予習・復習にも役立ちます。10問が出題される「お試し」と、簡単なものから難解な問題まで合計100問からランダムに出題される「修行」(有料登録必要)があります。


■法話・禅語
臨済宗・黄檗宗の布教師による法話を閲覧することができます。また、禅問答から生まれた禅語は、一般の方々にも興味を持っていただける禅文化のひとつであり、この禅語の解説を含めて、毎月更新していきます。

■情報配信
待ち受け画面にウィジェットを設置するだけで、特別参拝や法要などの情報が届きます。年間行事や催しの情報に触れ、禅寺の様々な表情をお楽しみいただけます。
※情報の更新都度となりますので、配信頻度は一定ではありません。


【注意事項】
本サービスは無料でご利用できます。(別途パケット料金(通信料)が必要です。)ただし、一部コンテンツは有料サービスとなっております。本アプリ内にて有料登録を行いますと、アプリ内の全てのコンテンツをご利用になれます。
※有料サービス内容※
・音声ガイド
・各寺院の寺宝一覧
・クイズ(修行モード)
・スタンプラリー
・フォトギャラリー

【動作環境】
Android2.1以上


【動作確認機種】
①DoCoMo
・F-12C
・P-07C
・N-04C(MEDIAS)
・N-06C(MEDIAS WP)
・SH-03C(LYNX 3D)
・SH-12C(AQUOS PHONE)
・SH-13C(AQUOS PHONE)
・Xperia(SO-01B)
・Xperia arc(SO-01C)
・Xperia acro(SO-02C)
・Xperia ray(SO-03C)
・L-07C(Optimus Bright)
・SC-02B(GALAXY S)
・SC-02C(GALAXY SII)
・T-01C(REGZA PHONE)
②au
・IS11CA(G'zOne)
・IS11S(Xperia acro)
・IS04(REGZA PHONE)
・IS11T(REGZA PHONE)
・IS03
・IS05
・IS11SH(AQUOS PHONE)
・IS12SH(AQUOS PHONE)
・INFOBAR A1
・IS06
・IS11PT
・ISW11HT(htc EVO WiMAX)
③Softbank
・003SH
・005SH
・006SH
・007SH(AQUOS PHONE THE HYBRID)
・009SH
・003P
・X06HT(HTC Desire)
・X06HTII(HTC Desire)
・003Z
・008Z(シンプルスマートフォン)
④Disney mobile
・DM009SH
※上記端末についても、利用環境によって必ずしも、表示、動作を保障するものではありません。


【ご意見/ご要望】
下記メールアドレスまでご連絡お願いいたします。
[email protected]

Recent changes:
【ver.1.4.0】
①名称検索機能追加
②MAP現在地表示機能追加
③ピンチイン・ピンチアウト対応(ガイドマップ、アルバムマップ)
④ツールバーボタン変更

【ver.1.3.0】
①Facebook/Twitter連携
②フォトギャラリー追加(有料)
③SD移動対応(Android2.2以降)
④その他新機能追加

【ver.1.2.0】
①辰年・龍巡りスタンプ機能追加(有料)
②相国寺 美術館「承天閣美術館(じょうてんかくびじゅつかん)」情報追加

【ver.1.1.0】
①デザイン変更
②天龍寺 精進料理店「篩月(しげつ)」情報追加
③有料サービス開始
・音声ガイド
・各寺院の寺宝の詳細情報
・クイズ(修行モード)

【ver.1.0.0】
新規登録
User reviews of 京都禅寺巡り
Write the first review for this app!
Android Market Comments
No comments in the Android market yet