勉強時間管理 -勉強の計画と記録

勉強時間管理 -勉強の計画と記録


「勉強時間管理」は勉強の計画を立て、勉強した時間を記録し、グラフに表示するアプリです。
勉強することにより消えていくウィジェットの勉強予定、勉強時時間を記録するのに便利なタイマー、ストップウォッチ、様々な観点で勉強の成果を確認できるグラフと集計表。他の人頑張っている様子がわかるTwitterへのつぶやきなど、様々なしかけで勉強の意欲をかきたてます。集計期間は日、週、月、合計以外に、任意の期間も指定できるので、中学、高校、大学等の受験以外にも、定期試験、長期休暇の時間管理もできます。
 
Twitter以外はログインの必要もネットワークに繋ぐ必要もなく、簡単に始められます。
 
 
■特徴
勉強の予定を登録し、時間になったら通知してくれます。
勉強時間はストップウォッチ、タイマーなどのツールで記録できます。
記録した勉強時間をグラフで表示します。
ウィジェットでは本日の勉強予定を表示、タップすればスムーズに勉強時間記録画面を表示できます。
またウィジェットの余白には、指定日までのカウントダウン日数が「試験まであと○日」というように表示されます。
  
※このアプリでは勉強時間を科目ごとに管理しますが、新しい「勉強時間管理2」では勉強内容ごとに管理し、グラフも若干異なります。
 (Amazonで販売されているのは「勉強時間管理2」の方です。)

 また、記録のみで勉強計画機能を必要としない場合は、シンプルかつ軽量な「勉強時間管理light」をどうぞ。
 
 
■ご使用前に
最初に設定画面の「科目設定」をしてください。
デフォルトでいくつかの科目が登録されていますが、追加・削除ができます。
また、達成度グラフを表示するには「科目設定」画面で科目ごとに目標値を設定してください。
 
■予定登録方法
週間カレンダーの日付部分をタップしてください。
予定編集画面が表示されるので、予定を登録してください。
開始日、終了日は日付部分をタップすれば変更できます。
開始時刻、終了時刻部分をタップすれば、開始・終了時刻を登録できます。
曜日指定を指定すれば、指定した期間内で○曜日と○曜日だけという指定ができます。
通知を設定すれば、開始時間○分前に通知することができます。
 
■予定・記録修正方法
登録した予定、記録の修正方法についてはメニューボタンの「使用方法」をご覧ください。
 
■勉強時間測定方法
予定を登録してある場合は、週間カレンダーのその部分をタップします。
登録されていない場合は、「勉強時間記録」ボタンをタップします。
時間の測定はタイマー、ストップウォッチまたは数値入力で記録することができます。
ストップウォッチおよびタイマーは、途中で終了しても、再びストップウォッチまたはタイマーに戻ってきたときに復帰できるようになっています。
復帰すべきデータが残っている場合は、起動時に確認ウィンドウが出ます。
確認ウィンドウで「続行」をタップすれば、ストップウォッチまたはタイマーのカウントを続行することができます。
「停止」をタップすれば、新たにカウントをスタートすることができます。
また、ストップウォッチおよびタイマーの値をウィジェットで確認することもできます。
タイマー、ストップウォッチ動作時はステイタスバーに「分」の値が表示されるので、画面がロックされてしまっても「分」の値だけはすぐに確認できます。(3番目の図参照)
「設定」>「etc.」では、タイマー終了時に画面ロックを自動解除する、タイマー動作時は画面を点灯したままにする、無音モードでもイヤホンが接続されている場合は音を再生する、タイマー終了時にSDカードの音楽等を指定して鳴らす、バイブレーションさせるなどの設定をすることもできます。
 
■達成度グラフ、記録時間グラフ、集計表
勉強時間は達成度グラフ、記録時間グラフ、集計表の形で確認できます。
達成度グラフを表示するには、「設定」>「科目設定」の目標時間を設定してください。
「設定」>「科目設定」の科目一覧最後の行の「全科目合計」を選択すると、全科目合計の目標時間を設定することができます。
合計時間はデフォルトですべての期間の記録をカウントしますが、「合計時間カウント開始日」よりカウント開始日を指定できます。
各グラフの科目ごとの色も「科目設定」で設定した色に対応しています。
グラフはメニューから縦軸の高さ、文字の大きさを調節できます。文字の大きさは全てのグラフ共通で、どのグラフのメニューで設定しても構いません。文字が大きすぎると文字列がすべて表示されないことがあります。
 
■ウィジェット
ウィジェットには、当日の勉強予定がある場合は、その予定一覧が表示されます。(図2の左上の状態)
勉強予定がなくなると、「本日の勉強予定はありません」と表示されます。(図2の右下の状態)
ただし設定の「Widget」にて試験日・試験名を設定すると、ウィジェットの余白に試験日までのカウントダウン日数が表示されます。
図2の右上は試験日・試験名を登録し、本日の勉強予定がない状態です。
複数の試験日が設定してある場合は、次の試験日までの日数が表示されます。
 
最初は勉強予定を表示する目的のウィジェットでしたが、余白を有効利用するために試験日までの日数を表示することにしました。
すると試験日までの日数だけを表示したいというご希望があり、単独のウィジェットも用意しました。
試験日までの日数単独のウィジェットは、ウィジェット登録時に表示する試験日をリストから選択してください。
 
■Twitter連携
勉強開始時、終了時にTwitterに自動でつぶやくことができます。
Twitterの出力には「#勉強時間管理」というタグがついていて、このタグをクリックすれば他の人のつぶやきをみることができます。
他の人が勉強しているのをみると、さらに励みになるかもしれません。
なお、Twitterで自動でつぶやくには予め、設定の「Twitter」で設定をしてください。
 
 
■使い方のヒント
おススメの使い方は、開始日:○日~終了日:○日というように連続で勉強の予定を登録しておき、ウィジェットを画面に表示しておきます。
毎日Widgetをタップして、そこから勉強時間を記録し、計画を立てた勉強をこなしていきます。
計画的な勉強のツールとしていかがでしょうか。
 

 
■使用しているアプリの権限
ネットワーク通信:Twitterへの読み書きおよび広告表示に使用
システムツール:タイマー使用時に端末のスリープを無効にするために使用
キーロックの解除:設定によりタイマー終了時に自動的にロックを解除する時に使用
オーディオ設定の変更:イヤホン使用時はタイマー終了音を必ず鳴らすために使用
ストレージ:バックアップ・リストア時にSDカードへの読み書きに使用


※詳しい使用方法は
http://ameblo.jp/hiiroon/entry-11756838181.html
よりご覧になれます。

************************
ウィジェット設定時、ウィジェット一覧にアプリが表示されない場合は次のサイトを参考にしてください。
参考:http://www.webtech.co.jp/blog/android/2885/
************************

Recent changes:
2.5.0
バージョンおよび更新情報はメニューの「勉強時間管理について」より表示されるようにしました。

2.4.0
「達成度グラフ」の「現在値」からも目標時間を設定できるようにしました。

2.3.1
・「設定」画面の「Widget」で、Widget更新時間を指定できるようにしました。
・カレンダーおよびウィジェットにおいて、科目名が長い場合はメモ等を下に表示するようにしました。(例外あり)
 
2.2.0
科目設定画面の目標時間設定に、設定ツールを追加しました。

2.1.6 通知メッセージをタップして起動したとき、本日の勉強予定を表示するようにしました。
     
2.1.7 科目が全く登録されていない場合のエラー処理を入れました。
Add to list
Free
82
4.1
User ratings
651
Installs
100,000+
Concerns
0
File size
1689 kb
Screenshots
Screenshot of 勉強時間管理 -勉強の計画と記録 Screenshot of 勉強時間管理 -勉強の計画と記録 Screenshot of 勉強時間管理 -勉強の計画と記録 Screenshot of 勉強時間管理 -勉強の計画と記録 Screenshot of 勉強時間管理 -勉強の計画と記録 Screenshot of 勉強時間管理 -勉強の計画と記録 Screenshot of 勉強時間管理 -勉強の計画と記録 Screenshot of 勉強時間管理 -勉強の計画と記録
About 勉強時間管理 -勉強の計画と記録
「勉強時間管理」は勉強の計画を立て、勉強した時間を記録し、グラフに表示するアプリです。
勉強することにより消えていくウィジェットの勉強予定、勉強時時間を記録するのに便利なタイマー、ストップウォッチ、様々な観点で勉強の成果を確認できるグラフと集計表。他の人頑張っている様子がわかるTwitterへのつぶやきなど、様々なしかけで勉強の意欲をかきたてます。集計期間は日、週、月、合計以外に、任意の期間も指定できるので、中学、高校、大学等の受験以外にも、定期試験、長期休暇の時間管理もできます。
 
Twitter以外はログインの必要もネットワークに繋ぐ必要もなく、簡単に始められます。
 
 
■特徴
勉強の予定を登録し、時間になったら通知してくれます。
勉強時間はストップウォッチ、タイマーなどのツールで記録できます。
記録した勉強時間をグラフで表示します。
ウィジェットでは本日の勉強予定を表示、タップすればスムーズに勉強時間記録画面を表示できます。
またウィジェットの余白には、指定日までのカウントダウン日数が「試験まであと○日」というように表示されます。
  
※このアプリでは勉強時間を科目ごとに管理しますが、新しい「勉強時間管理2」では勉強内容ごとに管理し、グラフも若干異なります。
 (Amazonで販売されているのは「勉強時間管理2」の方です。)

 また、記録のみで勉強計画機能を必要としない場合は、シンプルかつ軽量な「勉強時間管理light」をどうぞ。
 
 
■ご使用前に
最初に設定画面の「科目設定」をしてください。
デフォルトでいくつかの科目が登録されていますが、追加・削除ができます。
また、達成度グラフを表示するには「科目設定」画面で科目ごとに目標値を設定してください。
 
■予定登録方法
週間カレンダーの日付部分をタップしてください。
予定編集画面が表示されるので、予定を登録してください。
開始日、終了日は日付部分をタップすれば変更できます。
開始時刻、終了時刻部分をタップすれば、開始・終了時刻を登録できます。
曜日指定を指定すれば、指定した期間内で○曜日と○曜日だけという指定ができます。
通知を設定すれば、開始時間○分前に通知することができます。
 
■予定・記録修正方法
登録した予定、記録の修正方法についてはメニューボタンの「使用方法」をご覧ください。
 
■勉強時間測定方法
予定を登録してある場合は、週間カレンダーのその部分をタップします。
登録されていない場合は、「勉強時間記録」ボタンをタップします。
時間の測定はタイマー、ストップウォッチまたは数値入力で記録することができます。
ストップウォッチおよびタイマーは、途中で終了しても、再びストップウォッチまたはタイマーに戻ってきたときに復帰できるようになっています。
復帰すべきデータが残っている場合は、起動時に確認ウィンドウが出ます。
確認ウィンドウで「続行」をタップすれば、ストップウォッチまたはタイマーのカウントを続行することができます。
「停止」をタップすれば、新たにカウントをスタートすることができます。
また、ストップウォッチおよびタイマーの値をウィジェットで確認することもできます。
タイマー、ストップウォッチ動作時はステイタスバーに「分」の値が表示されるので、画面がロックされてしまっても「分」の値だけはすぐに確認できます。(3番目の図参照)
「設定」>「etc.」では、タイマー終了時に画面ロックを自動解除する、タイマー動作時は画面を点灯したままにする、無音モードでもイヤホンが接続されている場合は音を再生する、タイマー終了時にSDカードの音楽等を指定して鳴らす、バイブレーションさせるなどの設定をすることもできます。
 
■達成度グラフ、記録時間グラフ、集計表
勉強時間は達成度グラフ、記録時間グラフ、集計表の形で確認できます。
達成度グラフを表示するには、「設定」>「科目設定」の目標時間を設定してください。
「設定」>「科目設定」の科目一覧最後の行の「全科目合計」を選択すると、全科目合計の目標時間を設定することができます。
合計時間はデフォルトですべての期間の記録をカウントしますが、「合計時間カウント開始日」よりカウント開始日を指定できます。
各グラフの科目ごとの色も「科目設定」で設定した色に対応しています。
グラフはメニューから縦軸の高さ、文字の大きさを調節できます。文字の大きさは全てのグラフ共通で、どのグラフのメニューで設定しても構いません。文字が大きすぎると文字列がすべて表示されないことがあります。
 
■ウィジェット
ウィジェットには、当日の勉強予定がある場合は、その予定一覧が表示されます。(図2の左上の状態)
勉強予定がなくなると、「本日の勉強予定はありません」と表示されます。(図2の右下の状態)
ただし設定の「Widget」にて試験日・試験名を設定すると、ウィジェットの余白に試験日までのカウントダウン日数が表示されます。
図2の右上は試験日・試験名を登録し、本日の勉強予定がない状態です。
複数の試験日が設定してある場合は、次の試験日までの日数が表示されます。
 
最初は勉強予定を表示する目的のウィジェットでしたが、余白を有効利用するために試験日までの日数を表示することにしました。
すると試験日までの日数だけを表示したいというご希望があり、単独のウィジェットも用意しました。
試験日までの日数単独のウィジェットは、ウィジェット登録時に表示する試験日をリストから選択してください。
 
■Twitter連携
勉強開始時、終了時にTwitterに自動でつぶやくことができます。
Twitterの出力には「#勉強時間管理」というタグがついていて、このタグをクリックすれば他の人のつぶやきをみることができます。
他の人が勉強しているのをみると、さらに励みになるかもしれません。
なお、Twitterで自動でつぶやくには予め、設定の「Twitter」で設定をしてください。
 
 
■使い方のヒント
おススメの使い方は、開始日:○日~終了日:○日というように連続で勉強の予定を登録しておき、ウィジェットを画面に表示しておきます。
毎日Widgetをタップして、そこから勉強時間を記録し、計画を立てた勉強をこなしていきます。
計画的な勉強のツールとしていかがでしょうか。
 

 
■使用しているアプリの権限
ネットワーク通信:Twitterへの読み書きおよび広告表示に使用
システムツール:タイマー使用時に端末のスリープを無効にするために使用
キーロックの解除:設定によりタイマー終了時に自動的にロックを解除する時に使用
オーディオ設定の変更:イヤホン使用時はタイマー終了音を必ず鳴らすために使用
ストレージ:バックアップ・リストア時にSDカードへの読み書きに使用


※詳しい使用方法は
http://ameblo.jp/hiiroon/entry-11756838181.html
よりご覧になれます。

************************
ウィジェット設定時、ウィジェット一覧にアプリが表示されない場合は次のサイトを参考にしてください。
参考:http://www.webtech.co.jp/blog/android/2885/
************************

Recent changes:
2.5.0
バージョンおよび更新情報はメニューの「勉強時間管理について」より表示されるようにしました。

2.4.0
「達成度グラフ」の「現在値」からも目標時間を設定できるようにしました。

2.3.1
・「設定」画面の「Widget」で、Widget更新時間を指定できるようにしました。
・カレンダーおよびウィジェットにおいて、科目名が長い場合はメモ等を下に表示するようにしました。(例外あり)
 
2.2.0
科目設定画面の目標時間設定に、設定ツールを追加しました。

2.1.6 通知メッセージをタップして起動したとき、本日の勉強予定を表示するようにしました。
     
2.1.7 科目が全く登録されていない場合のエラー処理を入れました。

User reviews of 勉強時間管理 -勉強の計画と記録
Write the first review for this app!
Android Market Comments
A Google User
Oct 19, 2013
Why isn't the app's icon vectored Unlike with the play store page where it's in high definition... ... Also, please release an English version.