和暦西暦変換電卓(学歴早見表)

和暦西暦変換電卓(学歴早見表)


和暦と西暦の年号相互変換を行います。
変換後の日付から『六曜』『旧暦』『星座』『干支』『厄年(一覧)』『二十四節気(一覧)』『賀寿』『誕生石』『誕生花』『何日現在の年齢(数え年)』『小学校の入学から大学の卒業までの学歴の早見表』を詳細画面に表示します。
(『誕生石』『誕生花』等の一部機能は反映が困難になった場合に表示を中止させて頂く可能性がございます。ご容赦願います)

※iPhoneの無料アプリとして移植して頂ける方を募集しております。興味ある開発者の方がいらっしゃいましたら、メールにてご連絡ください。※移植して頂ける方には本アプリのソースを差し上げます。どうぞよろしくお願いいたします。

■特徴
・大きめボタンの電卓風画面
・速度を考慮した設計(入力値を即時変換、起動直後は当日を変換)
・履歴書作成に役立つ学歴表(留年等の在学期間の変更も対応)
・年齢から誕生年の変換機能
・カレンダー入力、音声入力による入力補助
・外部アプリ連携(入力結果をメールやTwitterアプリに転送可能)
・SDカードへのインストールも可能
・昭和64年1月7日等の区切りの日付も対応
・「数週間後」や「数年前」などを簡単に調べる事ができる計算機能

■使用権限
本アプリは利便性の為以下の権限を使用します
・ネットワーク通信:音声認識で使用。
・ハードウェアの制御録音:音声認識で使用。
・ストレージ:設定の保存。
リリース時にはセキュリティチェックを行い、必ず問題ないことを確認してからリリースを行っております。

■作成にあたって
・西暦は分かるけど、今日の和暦はいつ?
・平成○年は昭和何年になる?
・何日現在は何歳になっている?
・履歴書に書く学歴が分からない
・○才の人はいつ生まれ?
など、日付や年号に関する悩みを纏めたいと思って作りました。
また、本アプリ内で表示される情報は機能実装時点の物となりますのでご注意ください。

作成は慎重を期しておりますが、本プログラムによって得られた結果に対しては、作者は一切責任を負いかねます。
バグには迅速な対応を心がけますのでご理解ください。

※主な更新履歴
【Ver13.0】
二十四節気に対応いたしました。デフォルトは非表示となっておりますので、設定画面から表示の有無を指定できます。
○通信が出来ない場面でも使用出来るように、端末内で計算して算出しております。その為、多少の誤差が生じる場合がございます。(国立天文台が公開している情報との差異は±3分以下でした。日単位で狂う事はございませんので、通常の利用ではほぼ影響ございません)
○端末のタイムゾーンも使用して考慮して算出しておりますので、タイムゾーンは日本時間でご利用ください。

【Ver12.0】
○初回起動時の動作を追加
オプション画面で、初回起動時に設定される値を「当日」「空白」のいずれかを選択できます。

【Ver11.1】
計算機能を追加
計算ボタンをタップすると、一部ボタン(緑色のボタン)が計算用に切り替わります。加算したい単位の「年」「月」「週」「日」をタップ後、値を入力して、「=」をタップしてください。(減算したい場合は、「+/-」ボタンをタップして画面内の符号を"-"に変更してください)元画面にて入力していた値に、計算結果が反映されます。
【Ver10.0】
・厄年の一覧を表示出来る様にいたしました。設定画面のチェックを外す事で一覧を非表示にも出来ます。
【Ver9.1】
①拡張版側でご要望頂いております、大学院に対応しました。
既存と見えが変わってしまいますので、メニューの表示設定から表示の指定ができます。「メニューキー」→「設定」→「表示学歴設定」からチェックを付けてください。デフォルトでは修士課程2年、博士課程3年としてあります。
②高校以降(義務教育以降)の表示設定を可能にしました。設定から表示したい学歴を指定できます
※"表示"の設定です。非表示にした期間も学歴を計算する様にしてあります。
③メニューを整理しました。見やすさを重視して学歴関連をサブメニューと致しました。

【Ver9.0】
○未就学期間に対応しました。
 入学までにブランクがある場合メニューから期間を設定することで期間を考慮した学歴表を表示できます。
(Ver8.1)復活要望のあった電話帳引用機能について、権限の追加になる為、復活は困難でした。その為【機能拡張版】として別途アプリを作成してリリース致しました。
(Ver8.0)表示結果を外部アプリに連携する機能を追加しました。
(連携機能は携帯電話にインストールされているアプリに依存します。SPモードメール、Twitter公式アプリ、EverNoteで連携出来る事を確認できました)
(Ver7.3 学歴表で在学期間の指定を可能としました。メニューキー押下後の設定画面から指定可能です)
(Ver7.2 アプリをSDカードにインストール出来るようにいたしました。ご指摘の多かった電話帳引用の機能を停止いたしました、併せて権限を見直しております)
(Var7.0 電話帳の引用機能を追加しました)
(Ver6.0 誕生石、誕生花、賀寿、厄年の表示機能を追加いたしました。賀寿、厄年は表示を好まない方もいらっしゃると思いましたので、初期設定では非表示となっています、設定画面の表示設定を変更してください)
(Ver5.4 年齢を西暦・和暦に変換する入力補助機能を追加しました。)
(Ver5.0 電卓キー(テンキー)を追加しました、併せて名称を変換電卓としました
テンキー部分は、タッチ操作バイブの設定に対応しております。本体でタッチ操作バイブONの場合には、キー押下時に振動するようになっております。)
(Ver4.0 カレンダー入力機能を追加しました)
(Ver3.0 音声検索に対応いたしました、Google音声検索がインストールされていて、音声入力に対応してる端末でアイコンが表示されます。
なお、認識され辛い単語がございます。認識されづらい場合はお手数ですが、手入力での対応をお願いいたします。)
(Ver2.0 要望のあった『動物占い』のサイト参照機能を追加しました)


※動物占いは以下のサイトのリンク機能となります。
動物占いPremium:http://www.doubutsu-uranai.com/

※誕生色は『誕生色大辞典 - 色彩のスパイス』様『ブログテーマ[WEB色見本 誕生色大辞典]』様のページを参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

※皆様より頂きましたコメントは一つ一つ大切に読ませて頂いております、今後の大きな励みになっています。この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございます。

※雑誌掲載
「mobileASCII vol.10」[別冊付録]編集部厳選!!AndroidアプリBest500
三才ブックス「Androidアプリ大全2012最新版」
扶桑社「完全無料AndroidアプリBest3000 」
ダイアプレス「無料 Androidアプリ2000」他
他、多くの媒体に掲載して頂きました。皆様のお蔭ですありがとうございます。

■アンドロイダー様でも動画で紹介して頂きました。

■Appliv様にも紹介していただきました。
和暦西暦変換電卓(学歴早見表)
http://android.app-liv.jp/000980598/

ランキングとレビューから探せるAndroidアプリ情報サイト -Appliv
http://android.app-liv.jp/

Recent changes:
Ver15.1
明治の最終日、大正の最終日は、翌年号の最初の日としても妥当である為、表現を修正する微修正を行いました。
計算結果が、1912年07月30日、1926年12月25日になる場合、下線が表示されます。タップすると、翌年号の日付がメッセージとして表示されます。

※なお、昭和の最終日と平成の最初の日付は被りませんので本表示はございません。具体的には以下となります。
明治:1868年10月23日~1912年07月30日
大正:1912年07月30日~1926年12月25日
昭和:1926年12月25日~1989年01月07日
平成:1989年01月08日~現在

可能な限り既存の見えを変えないようにするため、表示領域を追加せずにメッセージ表示での対応といたしましたが、不都合などございましたら、連絡ください。

以上よろしくお願いいたします。
Add to list
Free
85
4.3
User ratings
513
Installs
100,000+
Concerns
0
File size
214 kb
Screenshots
Video of 和暦西暦変換電卓(学歴早見表) Screenshot of 和暦西暦変換電卓(学歴早見表) Screenshot of 和暦西暦変換電卓(学歴早見表)

About 和暦西暦変換電卓(学歴早見表)
和暦と西暦の年号相互変換を行います。
変換後の日付から『六曜』『旧暦』『星座』『干支』『厄年(一覧)』『二十四節気(一覧)』『賀寿』『誕生石』『誕生花』『何日現在の年齢(数え年)』『小学校の入学から大学の卒業までの学歴の早見表』を詳細画面に表示します。
(『誕生石』『誕生花』等の一部機能は反映が困難になった場合に表示を中止させて頂く可能性がございます。ご容赦願います)

※iPhoneの無料アプリとして移植して頂ける方を募集しております。興味ある開発者の方がいらっしゃいましたら、メールにてご連絡ください。※移植して頂ける方には本アプリのソースを差し上げます。どうぞよろしくお願いいたします。

■特徴
・大きめボタンの電卓風画面
・速度を考慮した設計(入力値を即時変換、起動直後は当日を変換)
・履歴書作成に役立つ学歴表(留年等の在学期間の変更も対応)
・年齢から誕生年の変換機能
・カレンダー入力、音声入力による入力補助
・外部アプリ連携(入力結果をメールやTwitterアプリに転送可能)
・SDカードへのインストールも可能
・昭和64年1月7日等の区切りの日付も対応
・「数週間後」や「数年前」などを簡単に調べる事ができる計算機能

■使用権限
本アプリは利便性の為以下の権限を使用します
・ネットワーク通信:音声認識で使用。
・ハードウェアの制御録音:音声認識で使用。
・ストレージ:設定の保存。
リリース時にはセキュリティチェックを行い、必ず問題ないことを確認してからリリースを行っております。

■作成にあたって
・西暦は分かるけど、今日の和暦はいつ?
・平成○年は昭和何年になる?
・何日現在は何歳になっている?
・履歴書に書く学歴が分からない
・○才の人はいつ生まれ?
など、日付や年号に関する悩みを纏めたいと思って作りました。
また、本アプリ内で表示される情報は機能実装時点の物となりますのでご注意ください。

作成は慎重を期しておりますが、本プログラムによって得られた結果に対しては、作者は一切責任を負いかねます。
バグには迅速な対応を心がけますのでご理解ください。

※主な更新履歴
【Ver13.0】
二十四節気に対応いたしました。デフォルトは非表示となっておりますので、設定画面から表示の有無を指定できます。
○通信が出来ない場面でも使用出来るように、端末内で計算して算出しております。その為、多少の誤差が生じる場合がございます。(国立天文台が公開している情報との差異は±3分以下でした。日単位で狂う事はございませんので、通常の利用ではほぼ影響ございません)
○端末のタイムゾーンも使用して考慮して算出しておりますので、タイムゾーンは日本時間でご利用ください。

【Ver12.0】
○初回起動時の動作を追加
オプション画面で、初回起動時に設定される値を「当日」「空白」のいずれかを選択できます。

【Ver11.1】
計算機能を追加
計算ボタンをタップすると、一部ボタン(緑色のボタン)が計算用に切り替わります。加算したい単位の「年」「月」「週」「日」をタップ後、値を入力して、「=」をタップしてください。(減算したい場合は、「+/-」ボタンをタップして画面内の符号を"-"に変更してください)元画面にて入力していた値に、計算結果が反映されます。
【Ver10.0】
・厄年の一覧を表示出来る様にいたしました。設定画面のチェックを外す事で一覧を非表示にも出来ます。
【Ver9.1】
①拡張版側でご要望頂いております、大学院に対応しました。
既存と見えが変わってしまいますので、メニューの表示設定から表示の指定ができます。「メニューキー」→「設定」→「表示学歴設定」からチェックを付けてください。デフォルトでは修士課程2年、博士課程3年としてあります。
②高校以降(義務教育以降)の表示設定を可能にしました。設定から表示したい学歴を指定できます
※"表示"の設定です。非表示にした期間も学歴を計算する様にしてあります。
③メニューを整理しました。見やすさを重視して学歴関連をサブメニューと致しました。

【Ver9.0】
○未就学期間に対応しました。
 入学までにブランクがある場合メニューから期間を設定することで期間を考慮した学歴表を表示できます。
(Ver8.1)復活要望のあった電話帳引用機能について、権限の追加になる為、復活は困難でした。その為【機能拡張版】として別途アプリを作成してリリース致しました。
(Ver8.0)表示結果を外部アプリに連携する機能を追加しました。
(連携機能は携帯電話にインストールされているアプリに依存します。SPモードメール、Twitter公式アプリ、EverNoteで連携出来る事を確認できました)
(Ver7.3 学歴表で在学期間の指定を可能としました。メニューキー押下後の設定画面から指定可能です)
(Ver7.2 アプリをSDカードにインストール出来るようにいたしました。ご指摘の多かった電話帳引用の機能を停止いたしました、併せて権限を見直しております)
(Var7.0 電話帳の引用機能を追加しました)
(Ver6.0 誕生石、誕生花、賀寿、厄年の表示機能を追加いたしました。賀寿、厄年は表示を好まない方もいらっしゃると思いましたので、初期設定では非表示となっています、設定画面の表示設定を変更してください)
(Ver5.4 年齢を西暦・和暦に変換する入力補助機能を追加しました。)
(Ver5.0 電卓キー(テンキー)を追加しました、併せて名称を変換電卓としました
テンキー部分は、タッチ操作バイブの設定に対応しております。本体でタッチ操作バイブONの場合には、キー押下時に振動するようになっております。)
(Ver4.0 カレンダー入力機能を追加しました)
(Ver3.0 音声検索に対応いたしました、Google音声検索がインストールされていて、音声入力に対応してる端末でアイコンが表示されます。
なお、認識され辛い単語がございます。認識されづらい場合はお手数ですが、手入力での対応をお願いいたします。)
(Ver2.0 要望のあった『動物占い』のサイト参照機能を追加しました)


※動物占いは以下のサイトのリンク機能となります。
動物占いPremium:http://www.doubutsu-uranai.com/

※誕生色は『誕生色大辞典 - 色彩のスパイス』様『ブログテーマ[WEB色見本 誕生色大辞典]』様のページを参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

※皆様より頂きましたコメントは一つ一つ大切に読ませて頂いております、今後の大きな励みになっています。この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございます。

※雑誌掲載
「mobileASCII vol.10」[別冊付録]編集部厳選!!AndroidアプリBest500
三才ブックス「Androidアプリ大全2012最新版」
扶桑社「完全無料AndroidアプリBest3000 」
ダイアプレス「無料 Androidアプリ2000」他
他、多くの媒体に掲載して頂きました。皆様のお蔭ですありがとうございます。

■アンドロイダー様でも動画で紹介して頂きました。

■Appliv様にも紹介していただきました。
和暦西暦変換電卓(学歴早見表)
http://android.app-liv.jp/000980598/

ランキングとレビューから探せるAndroidアプリ情報サイト -Appliv
http://android.app-liv.jp/

Recent changes:
Ver15.1
明治の最終日、大正の最終日は、翌年号の最初の日としても妥当である為、表現を修正する微修正を行いました。
計算結果が、1912年07月30日、1926年12月25日になる場合、下線が表示されます。タップすると、翌年号の日付がメッセージとして表示されます。

※なお、昭和の最終日と平成の最初の日付は被りませんので本表示はございません。具体的には以下となります。
明治:1868年10月23日~1912年07月30日
大正:1912年07月30日~1926年12月25日
昭和:1926年12月25日~1989年01月07日
平成:1989年01月08日~現在

可能な限り既存の見えを変えないようにするため、表示領域を追加せずにメッセージ表示での対応といたしましたが、不都合などございましたら、連絡ください。

以上よろしくお願いいたします。
User reviews of 和暦西暦変換電卓(学歴早見表)
Write the first review for this app!
Android Market Comments
No comments in the Android market yet