干支 診断 相性 占い 運命 鑑定 申年ver.

干支 診断 相性 占い 運命 鑑定 申年ver.


干支 診断 相性 占い 運命 鑑定 申年ver.

申年のあなたはこういう性格です!こんなところがあります!
そんな紋切り型な性格占いにうんざりしていませんか?

「私こういうところもあるんだけど」
「ぜんぜん申年の性格判断に当てはまらないなあ」

(十二支診断)はそんなあなたにピッタリな、
申年の、申年による、申年のための申年度判断アプリです!

これをやれば自分がどれだけ申年っぽいかが点数でわかる!
電車での移動時間やちょっとした休憩タイムにプレイしたり、
同い年の申年のみんなとの集まりで使って盛り上がっちゃいましょう!

【アプリ紹介】
行動心理や場面選択に基づいた10個の質問に回答することで、
自分がどれだけ申年っぽい性格・行動パターンを持っているのかを点数化してくれる診断アプリです。
本アプリはあくまでエンタテイメント・アプリですのでお気軽にお楽しみください。

【一般的な申年の特徴・相性】
器用で臨機応変、という特徴を持つ申年。
人間は猿から進化した、と言われていますが、干支の成立時点ではその概念はなかったでしょう。
しかし、人間以外に手を使う動物というのはあまりいないので、器用というのは納得です。
臨機応変はイメージ的には戦国時代の猿が連想されますが、
猿は厩を守るといった伝承や、知能が高いというイメージから来ているのでしょう。
さて、そういった特徴をもつ申年生まれ。
器用であるということは、選択肢が多いということでもあります。
不器用な人が一つの道、選択肢しか選べないような状況であったとしても、
器用な人なら複数の選択肢の中から比較検討し、最適なものを選ぶことが出来ます。
これはどんな場面であったとしても、大きなアドバンテージになりえます。
さらに器用であるということは、上達にも時間がかからないということです。
他の人より早くものごとになれることが出来れば、それはチャンスをつかむ回数が倍増します。
また、さらに別の選択肢を選ぶことも出来るのです。
しかし、どんなことでも出来、どんな状況にも対応できるということは、
ともすれば器用貧乏に陥る可能性もあるということです。
全ての事をこなせることはとても素晴らしいことですが、
そのせいで自分だけの売りというものがなくなってしまうのはとてももったいないことです。
器用な人間は少ない努力で物事を修めることができる半面、
努力をし続ける意思や、とりあえず修めた以上のステージへの欲求が希薄な事が多い傾向があります。
そうなってしまうと、せっかくの器用という素晴らしい長所も、
短所になってしまうという本末転倒な結果となってしまいます。
そうならないためにも、申年生まれの方々は、ぜひとも自分の得意とするものを一つ作ったうえで、
さらに他のことも臨機応変になんでもこなせるという、ユーティリティな存在を目指し、
周囲に自分自身の価値というものをどんどんとアピールしていってもらいたいところです。
それはもともとが器用で臨機応変な、申年生まれにしか出来ないことなのです。
そして、干支にはそれぞれに相性というものがあります。

【相性占いにとても役立つ十二支】
運命は生まれた時にすでに決まっている!よくこんなことを言いますね。
運命が決まっているのなら、その運命を知りたいものです。
そのために、人は古来より占星術やタロットに始まり、九星、ホロスコープ、四柱推命、
姓名判断といった様々なもので運勢を占おうとしてきました。
また、初詣でに行ったらおみくじを引く、というのは年中行事として定着しています。
おみくじは大吉、吉、凶といった評価はおなじみだと思いますが、平というのもあるのをご存じでしょうか?
ちなみに吉と凶の間で、平穏無事であるとか良くも悪くもないということが書いてあるそうです。
平は無いところも多く、例えば浅草寺では大吉・吉・半吉・小吉・末小吉・末吉・凶の7種類であり、
吉はお守りとして持ち帰り、凶を引いてしまった場合のみ、傍の結び棒にて、おみくじを結ぶとよいとされてます。
おみくじはWEB上のお遊び要素としても使われていて、2chやGoogle日本などで無料で引くことも出来ます。
現在ではたくさんの占いが巷にあふれていますが、やはり占い師の方に頼むのはお金もかかりますし、
行列に並んだり特定の場所まで行かなければならなかったりと多少敷居が高いです。
今日でも明日でも、今年でも来年でも、上半期でも下半期でも、2010年でも2011年でも、
陰陽説や四行説、五行説などが複雑に絡み合っていて、調べてみると面白いのですが、
とても長くなってしまうのでここでは簡単に説明しますが、十二支の相性を見る場合、
時計盤の数字のところにそれぞれ干支をあてはめて考えるとわかりやすいです。
12の位置に子、1の位置に丑といった具合ですね。
それを踏まえて、十二支の相性を見ていきましょう。

まず一つ目が「支合の吉」と呼ばれる関係です。
これは子丑、寅亥、卯戌、辰酉、巳申、午未の6つの組み合わせです。
ちょうど右肩下がりの直線が6本引けるような位置関係になっていると思います。
友人関係や恋人関係がこの組み合わせの場合、
後述の三合の吉と比べれば劣りますが、とても相性のよい組み合わせとなります。

そして二つ目が、「三合の吉」と呼ばれる関係です。
三つの十二支の組み合わせで、一度くっついたら離れない、とても相性の良い組み合わせです。
三人そろわなくても、三合の内の2つの組み合わせを片三合といい、これもとても相性が良い関係です。
さてその三つの組み合わせですが、ちょうど時計盤を三分割する位置関係のものを指します。
西洋占星術の120度座相の吉相性同様に、子を中心とした申と辰、卯を中心とした亥と未、
午を中心とした寅と戌、酉を中心とした巳と丑、以上4種類の三合の吉という組合せがあります。
ちなみにそれぞれに名称がついていて、
子を中心とした申と辰が水局三合、この組合せはとくに情愛が豊かです。
卯を中心とした亥と未が木局三合、この組合せは社交的発展性で成功します。
午を中心とした寅と戌が火局三合、この組合せは信用と名声を得ます。
酉を中心とした巳と丑が金局三合、この組合せは財運に恵まれます。
水局とか金局というのは五行説から来ている要素なので、興味のある方は調べられることをおすすめします。

三つ目が「方合の吉」と呼ばれる関係です。
十二支でいう方合とは、東、西、南、北を中心とした三支の強い結びつきをいい、
それぞれ東は卯を中心にした寅卯辰の春の方合、西は酉を中心にした申酉戌の秋の方合、
南は午を中心にした巳午未の夏の方合、北は子を中心にした亥子丑の冬の方合の4種です。
ここでいう春とか夏というのは月に十二支をあてはめた場合の表し方で、1年は寅から始まります。
旧暦だと1月から3月が春なのですが、それを現在に当てはめれば3月から5月になるので、
あまり難しく考えずに時計盤に配置した干支の感覚で大丈夫です。
春の方合の組合せは寅、卯、辰で、この組み合わせは研究熱心で行動的なカップルとなります。
夏の方合の組合せは巳、午、未で、この組み合わせは情熱的で芸術芸能に縁の深いカップルとなります。
秋の方合の組合せは申、酉、戌で、この組み合わせは趣味を活用して財運を強めるカップルとなります。
冬の方合の組合せは亥、子、丑で、この組み合わせは働き好きで商才のある情愛のあるカップルとなります。
注意点は、同じ気質の組合せの場合は理解しやすいのはよいのですが、お互いが見えすぎて、
まるで鏡を見ているかのように理解していながらも欠点が気になり、つい口を出しすぎてしまうことです。
自分の欠点を他人に改めて見せられるのはまるで針のむしろに座らされるかのような苦痛を受けますが、
やはりお互いを労る気持ちが必要で、元々の相性が良いとはいっても、
言い方や接し方に気をつけるといった気配りは忘れないようにしましょう。

そして最後に、「破」並びに「対冲の凶」と呼ばれる関係です。
十二支には西洋占星術の相性同様に相反する180度の凶角度の他に要注意の90度の座相があります。
180度の方を「対冲の凶」、90度の方を「破」の関係といいます。
対冲の凶は子午、丑未、寅申、卯酉、辰戌、巳亥の6つの組み合わせです。
子と午は「相沖」といって心が遠く、大凶の関係。
丑と未は「沖」といって正反対の性格をもち、理解し合えなずやや凶の関係。
寅と申は「過立」といって競争する凶の関係。
卯と酉は「対傷」といって傷つけ合う大凶の関係。
辰と戌は「羅網」といって腐れ縁となりやすいやや凶の関係。
巳と亥は「難対」といって不運に遭いやすい凶の関係。
破の方は子なら間二つとばした卯と酉、丑なら辰と戌、寅なら巳と亥、卯なら午と子、といった具合になります。

いかがでしょうか。
十二支の相性は非常によく出来ており、相性を調べるのにとても便利なだけでなく、楽しいのです。
この便利な相性診断ツールにもなる十二支!
でも自分が申年っぽくなければ結果に当てはまらないかも?
あなたは本当に心の底から申年なのか?
ぜひ一度確かめてみることをオススメします!
Add to list
Free
100
5.0
User ratings
3
Installs
1,000+
Concerns
0
File size
479 kb
Screenshots
Screenshot of 干支 診断 相性 占い 運命 鑑定 申年ver. Screenshot of 干支 診断 相性 占い 運命 鑑定 申年ver.

About 干支 診断 相性 占い 運命 鑑定 申年ver.
干支 診断 相性 占い 運命 鑑定 申年ver.

申年のあなたはこういう性格です!こんなところがあります!
そんな紋切り型な性格占いにうんざりしていませんか?

「私こういうところもあるんだけど」
「ぜんぜん申年の性格判断に当てはまらないなあ」

(十二支診断)はそんなあなたにピッタリな、
申年の、申年による、申年のための申年度判断アプリです!

これをやれば自分がどれだけ申年っぽいかが点数でわかる!
電車での移動時間やちょっとした休憩タイムにプレイしたり、
同い年の申年のみんなとの集まりで使って盛り上がっちゃいましょう!

【アプリ紹介】
行動心理や場面選択に基づいた10個の質問に回答することで、
自分がどれだけ申年っぽい性格・行動パターンを持っているのかを点数化してくれる診断アプリです。
本アプリはあくまでエンタテイメント・アプリですのでお気軽にお楽しみください。

【一般的な申年の特徴・相性】
器用で臨機応変、という特徴を持つ申年。
人間は猿から進化した、と言われていますが、干支の成立時点ではその概念はなかったでしょう。
しかし、人間以外に手を使う動物というのはあまりいないので、器用というのは納得です。
臨機応変はイメージ的には戦国時代の猿が連想されますが、
猿は厩を守るといった伝承や、知能が高いというイメージから来ているのでしょう。
さて、そういった特徴をもつ申年生まれ。
器用であるということは、選択肢が多いということでもあります。
不器用な人が一つの道、選択肢しか選べないような状況であったとしても、
器用な人なら複数の選択肢の中から比較検討し、最適なものを選ぶことが出来ます。
これはどんな場面であったとしても、大きなアドバンテージになりえます。
さらに器用であるということは、上達にも時間がかからないということです。
他の人より早くものごとになれることが出来れば、それはチャンスをつかむ回数が倍増します。
また、さらに別の選択肢を選ぶことも出来るのです。
しかし、どんなことでも出来、どんな状況にも対応できるということは、
ともすれば器用貧乏に陥る可能性もあるということです。
全ての事をこなせることはとても素晴らしいことですが、
そのせいで自分だけの売りというものがなくなってしまうのはとてももったいないことです。
器用な人間は少ない努力で物事を修めることができる半面、
努力をし続ける意思や、とりあえず修めた以上のステージへの欲求が希薄な事が多い傾向があります。
そうなってしまうと、せっかくの器用という素晴らしい長所も、
短所になってしまうという本末転倒な結果となってしまいます。
そうならないためにも、申年生まれの方々は、ぜひとも自分の得意とするものを一つ作ったうえで、
さらに他のことも臨機応変になんでもこなせるという、ユーティリティな存在を目指し、
周囲に自分自身の価値というものをどんどんとアピールしていってもらいたいところです。
それはもともとが器用で臨機応変な、申年生まれにしか出来ないことなのです。
そして、干支にはそれぞれに相性というものがあります。

【相性占いにとても役立つ十二支】
運命は生まれた時にすでに決まっている!よくこんなことを言いますね。
運命が決まっているのなら、その運命を知りたいものです。
そのために、人は古来より占星術やタロットに始まり、九星、ホロスコープ、四柱推命、
姓名判断といった様々なもので運勢を占おうとしてきました。
また、初詣でに行ったらおみくじを引く、というのは年中行事として定着しています。
おみくじは大吉、吉、凶といった評価はおなじみだと思いますが、平というのもあるのをご存じでしょうか?
ちなみに吉と凶の間で、平穏無事であるとか良くも悪くもないということが書いてあるそうです。
平は無いところも多く、例えば浅草寺では大吉・吉・半吉・小吉・末小吉・末吉・凶の7種類であり、
吉はお守りとして持ち帰り、凶を引いてしまった場合のみ、傍の結び棒にて、おみくじを結ぶとよいとされてます。
おみくじはWEB上のお遊び要素としても使われていて、2chやGoogle日本などで無料で引くことも出来ます。
現在ではたくさんの占いが巷にあふれていますが、やはり占い師の方に頼むのはお金もかかりますし、
行列に並んだり特定の場所まで行かなければならなかったりと多少敷居が高いです。
今日でも明日でも、今年でも来年でも、上半期でも下半期でも、2010年でも2011年でも、
陰陽説や四行説、五行説などが複雑に絡み合っていて、調べてみると面白いのですが、
とても長くなってしまうのでここでは簡単に説明しますが、十二支の相性を見る場合、
時計盤の数字のところにそれぞれ干支をあてはめて考えるとわかりやすいです。
12の位置に子、1の位置に丑といった具合ですね。
それを踏まえて、十二支の相性を見ていきましょう。

まず一つ目が「支合の吉」と呼ばれる関係です。
これは子丑、寅亥、卯戌、辰酉、巳申、午未の6つの組み合わせです。
ちょうど右肩下がりの直線が6本引けるような位置関係になっていると思います。
友人関係や恋人関係がこの組み合わせの場合、
後述の三合の吉と比べれば劣りますが、とても相性のよい組み合わせとなります。

そして二つ目が、「三合の吉」と呼ばれる関係です。
三つの十二支の組み合わせで、一度くっついたら離れない、とても相性の良い組み合わせです。
三人そろわなくても、三合の内の2つの組み合わせを片三合といい、これもとても相性が良い関係です。
さてその三つの組み合わせですが、ちょうど時計盤を三分割する位置関係のものを指します。
西洋占星術の120度座相の吉相性同様に、子を中心とした申と辰、卯を中心とした亥と未、
午を中心とした寅と戌、酉を中心とした巳と丑、以上4種類の三合の吉という組合せがあります。
ちなみにそれぞれに名称がついていて、
子を中心とした申と辰が水局三合、この組合せはとくに情愛が豊かです。
卯を中心とした亥と未が木局三合、この組合せは社交的発展性で成功します。
午を中心とした寅と戌が火局三合、この組合せは信用と名声を得ます。
酉を中心とした巳と丑が金局三合、この組合せは財運に恵まれます。
水局とか金局というのは五行説から来ている要素なので、興味のある方は調べられることをおすすめします。

三つ目が「方合の吉」と呼ばれる関係です。
十二支でいう方合とは、東、西、南、北を中心とした三支の強い結びつきをいい、
それぞれ東は卯を中心にした寅卯辰の春の方合、西は酉を中心にした申酉戌の秋の方合、
南は午を中心にした巳午未の夏の方合、北は子を中心にした亥子丑の冬の方合の4種です。
ここでいう春とか夏というのは月に十二支をあてはめた場合の表し方で、1年は寅から始まります。
旧暦だと1月から3月が春なのですが、それを現在に当てはめれば3月から5月になるので、
あまり難しく考えずに時計盤に配置した干支の感覚で大丈夫です。
春の方合の組合せは寅、卯、辰で、この組み合わせは研究熱心で行動的なカップルとなります。
夏の方合の組合せは巳、午、未で、この組み合わせは情熱的で芸術芸能に縁の深いカップルとなります。
秋の方合の組合せは申、酉、戌で、この組み合わせは趣味を活用して財運を強めるカップルとなります。
冬の方合の組合せは亥、子、丑で、この組み合わせは働き好きで商才のある情愛のあるカップルとなります。
注意点は、同じ気質の組合せの場合は理解しやすいのはよいのですが、お互いが見えすぎて、
まるで鏡を見ているかのように理解していながらも欠点が気になり、つい口を出しすぎてしまうことです。
自分の欠点を他人に改めて見せられるのはまるで針のむしろに座らされるかのような苦痛を受けますが、
やはりお互いを労る気持ちが必要で、元々の相性が良いとはいっても、
言い方や接し方に気をつけるといった気配りは忘れないようにしましょう。

そして最後に、「破」並びに「対冲の凶」と呼ばれる関係です。
十二支には西洋占星術の相性同様に相反する180度の凶角度の他に要注意の90度の座相があります。
180度の方を「対冲の凶」、90度の方を「破」の関係といいます。
対冲の凶は子午、丑未、寅申、卯酉、辰戌、巳亥の6つの組み合わせです。
子と午は「相沖」といって心が遠く、大凶の関係。
丑と未は「沖」といって正反対の性格をもち、理解し合えなずやや凶の関係。
寅と申は「過立」といって競争する凶の関係。
卯と酉は「対傷」といって傷つけ合う大凶の関係。
辰と戌は「羅網」といって腐れ縁となりやすいやや凶の関係。
巳と亥は「難対」といって不運に遭いやすい凶の関係。
破の方は子なら間二つとばした卯と酉、丑なら辰と戌、寅なら巳と亥、卯なら午と子、といった具合になります。

いかがでしょうか。
十二支の相性は非常によく出来ており、相性を調べるのにとても便利なだけでなく、楽しいのです。
この便利な相性診断ツールにもなる十二支!
でも自分が申年っぽくなければ結果に当てはまらないかも?
あなたは本当に心の底から申年なのか?
ぜひ一度確かめてみることをオススメします!
User reviews of 干支 診断 相性 占い 運命 鑑定 申年ver.
Write the first review for this app!
Android Market Comments
No comments in the Android market yet