SmileNews(スマイルニュース)

SmileNews(スマイルニュース)


「読む」復興支援、2014年も継続します!

≪東北のニュースを読んで、笑顔の花を咲かせよう!≫

スマイルニュースは、2013年3月11日から、全国の皆さんと東北をつなぎ続けるためにはじまった、ニュースアプリです。

東北の3つの新聞社、福島民報社・河北新報社・岩手日報社が協力して、365日、毎日1つずつ、東北の「今」がわかるニュースをお届けします。

記事を読めば読むほど、あなたの手のひらで笑顔の花が育ち、花が咲いたら、あなたのネームプレートつきのお花が、実際に被災地に植えられます。

※花が育つのは、新着の記事(ダウンロードした翌日からの記事)のみになります。過去の記事は読むことはできますが、花を育たないのでご了承ください。

毎日でも、時々でも、いろいろな記事を読んで、友達に伝えたり、東北に遊びにきてみてもらえたらうれしいです。

■ニュースは、誰がどんな風に書いているの?
スマイルニュースは、福島民報・河北新報・岩手日報の新聞記者が、それぞれ持っている地域ネットワークを最大限に活用して、記事を書いています。

少しづつ伝わりにくくなってきた東北の「いま」を写真と文字でお伝えしていきます。

■なぜ、花を植えるの?
私たちは2011年の震災直後から、地域の方々と一緒に花を植え、育てる活動を通して、復興に向けた被災地のコミュ二ティづくりに取り組んできました。最初は福島で、2012年からは、宮城と岩手にも広がって、「スマイルとうほくプロジェクト」として、大きく成長しました。

もちろん、花を植え、育てるのは、簡単なことではありません。毎日水をやり、土を整備し、雑草を抜き・・・簡単ではないからこそ、活動を通してみんなの心がひとつになり、咲いた時の喜びを分かち合うことができると、3年間の活動を通して、強く実感しています。今年も、様々な場所で、地域の皆さんの声に応えて、花を植える活動を続けます。ぜひ全国のみなさんにも参加をして欲しいと、この仕組みを考えました。

■花は、誰が面倒を見るの?
スマイルとうほくプロジェクトのメンバー及び、各NPO、提携教育機関、市や区などの公的機関が中心になって、地域の方々と一緒に、最後まで責任を持って花のお世話をしています。(協力団体一覧はこちらhttp://smile-tohoku.jp/)

■アプリで育てた花と、同じ種類の花が植えられるの?
季節によって、色々な種類のお花を植えているので、アプリで育った花の種類と、実際に植えるお花は、違う種類になる場合があります。ご了承ください。

■自分の名前で植えられたお花は、見ることができますか?
※2014年度より、仕組みを一部改訂させていただきます。
自分のネームプレートやお花を、個別に見ることはできませんが、年数回、花植えの進捗を、メールアドレスをご登録いただいた方全員に、一斉に送らせていただきます。
また、花上は、被災地各地の都合を最優先にしておりますため、アプリで花を咲かせてから、3ヵ月~最大で1年間ほど、お時間をいただいております。
※ネームプレートは、被災地の都合によっては、ひとつひとつ分かれた形ではなく、まとめてパネルにさせていただくこともございます。
ニュースをお読みいただき、被災地のことを忘れないでいただくことが、このアプリの第一の目的であり、被災地にとって一番の励みになります。
皆さまが咲かせた分のお花とメッセージは、時間がかかりましても確実に被災地に届けておりますので、上記ご了承をしていただければ幸いです。

■スマイルとうほくプロジェクトについてもっと知るには?
スマイルとうほくプロジェクトのWEBサイトや、Facebookページをご覧ください。
活動の概要や、各地での取り組みの最新情報を掲載しています。
http://smile-tohoku.jp/
https://www.facebook.com/smiletohoku
Add to list
Free
96
4.8
User ratings
5
Installs
500+
Concerns
0
File size
12314 kb
Screenshots
Screenshot of SmileNews(スマイルニュース) Screenshot of SmileNews(スマイルニュース) Screenshot of SmileNews(スマイルニュース) Screenshot of SmileNews(スマイルニュース)

About SmileNews(スマイルニュース)
「読む」復興支援、2014年も継続します!

≪東北のニュースを読んで、笑顔の花を咲かせよう!≫

スマイルニュースは、2013年3月11日から、全国の皆さんと東北をつなぎ続けるためにはじまった、ニュースアプリです。

東北の3つの新聞社、福島民報社・河北新報社・岩手日報社が協力して、365日、毎日1つずつ、東北の「今」がわかるニュースをお届けします。

記事を読めば読むほど、あなたの手のひらで笑顔の花が育ち、花が咲いたら、あなたのネームプレートつきのお花が、実際に被災地に植えられます。

※花が育つのは、新着の記事(ダウンロードした翌日からの記事)のみになります。過去の記事は読むことはできますが、花を育たないのでご了承ください。

毎日でも、時々でも、いろいろな記事を読んで、友達に伝えたり、東北に遊びにきてみてもらえたらうれしいです。

■ニュースは、誰がどんな風に書いているの?
スマイルニュースは、福島民報・河北新報・岩手日報の新聞記者が、それぞれ持っている地域ネットワークを最大限に活用して、記事を書いています。

少しづつ伝わりにくくなってきた東北の「いま」を写真と文字でお伝えしていきます。

■なぜ、花を植えるの?
私たちは2011年の震災直後から、地域の方々と一緒に花を植え、育てる活動を通して、復興に向けた被災地のコミュ二ティづくりに取り組んできました。最初は福島で、2012年からは、宮城と岩手にも広がって、「スマイルとうほくプロジェクト」として、大きく成長しました。

もちろん、花を植え、育てるのは、簡単なことではありません。毎日水をやり、土を整備し、雑草を抜き・・・簡単ではないからこそ、活動を通してみんなの心がひとつになり、咲いた時の喜びを分かち合うことができると、3年間の活動を通して、強く実感しています。今年も、様々な場所で、地域の皆さんの声に応えて、花を植える活動を続けます。ぜひ全国のみなさんにも参加をして欲しいと、この仕組みを考えました。

■花は、誰が面倒を見るの?
スマイルとうほくプロジェクトのメンバー及び、各NPO、提携教育機関、市や区などの公的機関が中心になって、地域の方々と一緒に、最後まで責任を持って花のお世話をしています。(協力団体一覧はこちらhttp://smile-tohoku.jp/)

■アプリで育てた花と、同じ種類の花が植えられるの?
季節によって、色々な種類のお花を植えているので、アプリで育った花の種類と、実際に植えるお花は、違う種類になる場合があります。ご了承ください。

■自分の名前で植えられたお花は、見ることができますか?
※2014年度より、仕組みを一部改訂させていただきます。
自分のネームプレートやお花を、個別に見ることはできませんが、年数回、花植えの進捗を、メールアドレスをご登録いただいた方全員に、一斉に送らせていただきます。
また、花上は、被災地各地の都合を最優先にしておりますため、アプリで花を咲かせてから、3ヵ月~最大で1年間ほど、お時間をいただいております。
※ネームプレートは、被災地の都合によっては、ひとつひとつ分かれた形ではなく、まとめてパネルにさせていただくこともございます。
ニュースをお読みいただき、被災地のことを忘れないでいただくことが、このアプリの第一の目的であり、被災地にとって一番の励みになります。
皆さまが咲かせた分のお花とメッセージは、時間がかかりましても確実に被災地に届けておりますので、上記ご了承をしていただければ幸いです。

■スマイルとうほくプロジェクトについてもっと知るには?
スマイルとうほくプロジェクトのWEBサイトや、Facebookページをご覧ください。
活動の概要や、各地での取り組みの最新情報を掲載しています。
http://smile-tohoku.jp/
https://www.facebook.com/smiletohoku

Visit Website
User reviews of SmileNews(スマイルニュース)
Write the first review for this app!
Android Market Comments
No comments in the Android market yet