SpringBookshelf Evernoteで書籍管理

SpringBookshelf Evernoteで書籍管理


Evernoteを書籍管理ツールにするための、Evernote用の書籍データ入力アプリです。
(以前は、Springpadに対応したアプリだったのですが、サービスが終了してしまったため、対応プラットフォームをEvernoteに変更しました。)

書籍のバーコードを読み取るだけで、書籍データをWeb上から取得し、自動的にEvernoteにデータを登録できるようになります。バーコードのない古い書籍などについては、キーワードによる検索にも対応しています。

● 事前の準備
・ Evernoteを使用するためのユーザ登録
 Evernoteを使ったことのない方は、Evernoteを使用するために、ユーザ登録を行ってください。
・ 書籍登録用ノートブックの作成
 書籍データを登録するノートブックを作成してください。
 ノートブックを作成しなくても動作に支障はありません。
・ バーコードスキャナ用アプリ
 バーコードを読み取るためのアプリ(バーコードスキャナ)がインストールされていなければ、インストールしてください。
 (QRコードスキャナー(https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.zxing.client.android&hl=ja)で動作確認しております)

● インストール後の作業
・ 初期設定
 アプリを起動すると、まず、Evernoteへのアクセス認証を行うことになります。
 ブラウザが開き、認証画面になる(Evernoteへのログインを求められたらログインを行う)ので、問題なければ「OK」をクリックしてください。
 次に、書籍を登録するノートブックの選択になるので、先ほど登録したノートブックを指定します。ノートブックを指定しないことも可能です。
 さらに、タグとして登録する項目(出版社名および著者名)の選択を行います。
 なお、初期設定で指定した内容は、後で変更することが可能です。

● 使用方法
 次回以降の起動では、初期設定はスキップされ、バーコード読み込みの状態になります。
 バーコード読み込みの状態でキャンセルボタンを押すと処理選択のダイアログが表示され、「終了」「手入力」「設定」を選択できます。
 「設定」により、初期設定をやり直すことができます。
 「手入力」により、isbnコード等による検索ができます。isbn10、isbn13およびフリーワードによる検索が可能です。
 「Cancel」によりバーコード読み込みに戻ることができます。
 なお、登録された書籍データの中にあるAmazonへのリンクには、アフィリエイトキーを埋め込んでいます。

● 重複登録について
 同じ書籍を入力しようとするとした場合、確認のダイアログが表示されます。
 「削除」「重複登録」「登録しない」のいずれかを選択できます。
 「削除」は、登録されているデータを削除することができ、書籍を処分するようなときに、Evernoteからデータを削除するときを想定しています。

Recent changes:
細かいバグへの対応。
Add to list
Free
80
4.0
User ratings
1
Installs
100+
Concerns
0
File size
7253 kb
Screenshots
Screenshot of SpringBookshelf Evernoteで書籍管理 Screenshot of SpringBookshelf Evernoteで書籍管理 Screenshot of SpringBookshelf Evernoteで書籍管理
About SpringBookshelf Evernoteで書籍管理
Evernoteを書籍管理ツールにするための、Evernote用の書籍データ入力アプリです。
(以前は、Springpadに対応したアプリだったのですが、サービスが終了してしまったため、対応プラットフォームをEvernoteに変更しました。)

書籍のバーコードを読み取るだけで、書籍データをWeb上から取得し、自動的にEvernoteにデータを登録できるようになります。バーコードのない古い書籍などについては、キーワードによる検索にも対応しています。

● 事前の準備
・ Evernoteを使用するためのユーザ登録
 Evernoteを使ったことのない方は、Evernoteを使用するために、ユーザ登録を行ってください。
・ 書籍登録用ノートブックの作成
 書籍データを登録するノートブックを作成してください。
 ノートブックを作成しなくても動作に支障はありません。
・ バーコードスキャナ用アプリ
 バーコードを読み取るためのアプリ(バーコードスキャナ)がインストールされていなければ、インストールしてください。
 (QRコードスキャナー(https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.zxing.client.android&hl=ja)で動作確認しております)

● インストール後の作業
・ 初期設定
 アプリを起動すると、まず、Evernoteへのアクセス認証を行うことになります。
 ブラウザが開き、認証画面になる(Evernoteへのログインを求められたらログインを行う)ので、問題なければ「OK」をクリックしてください。
 次に、書籍を登録するノートブックの選択になるので、先ほど登録したノートブックを指定します。ノートブックを指定しないことも可能です。
 さらに、タグとして登録する項目(出版社名および著者名)の選択を行います。
 なお、初期設定で指定した内容は、後で変更することが可能です。

● 使用方法
 次回以降の起動では、初期設定はスキップされ、バーコード読み込みの状態になります。
 バーコード読み込みの状態でキャンセルボタンを押すと処理選択のダイアログが表示され、「終了」「手入力」「設定」を選択できます。
 「設定」により、初期設定をやり直すことができます。
 「手入力」により、isbnコード等による検索ができます。isbn10、isbn13およびフリーワードによる検索が可能です。
 「Cancel」によりバーコード読み込みに戻ることができます。
 なお、登録された書籍データの中にあるAmazonへのリンクには、アフィリエイトキーを埋め込んでいます。

● 重複登録について
 同じ書籍を入力しようとするとした場合、確認のダイアログが表示されます。
 「削除」「重複登録」「登録しない」のいずれかを選択できます。
 「削除」は、登録されているデータを削除することができ、書籍を処分するようなときに、Evernoteからデータを削除するときを想定しています。

Recent changes:
細かいバグへの対応。

User reviews of SpringBookshelf Evernoteで書籍管理
Write the first review for this app!
Android Market Comments
No comments in the Android market yet