Evernoteで書籍管理 SpringBookshelf

Evernoteで書籍管理 SpringBookshelf


Evernoteを書籍管理ツールにするための、Evernote用の書籍データ入力アプリです。
(以前は、Springpadに対応したアプリだったのですが、サービスが終了してしまったため、対応プラットフォームをEvernoteに変更しました。)

書籍のバーコードを読み取るだけで、書籍データをWeb上から取得し、自動的にEvernoteにデータを登録できるようになります。バーコードのない古い書籍などについては、キーワードによる検索にも今後対応を予定しています。

● 事前の準備
・ Evernoteを使用するためのユーザ登録
 Evernoteを使ったことのない方は、Evernoteを使用するために、ユーザ登録を行ってください。
・ 書籍登録用ノートブックの作成
 書籍データを登録するノートブックを作成してください。
 ノートブックを作成しなくても動作に支障はありません。

● インストール後の作業
・ 初期設定
 アプリを起動すると、まず、Evernoteへのアクセス認証を行うことになります。
 次に、オプション設定を行います。
 タグとして登録する項目(出版社名および著者名)の選択を行います。
 次に、書籍を登録するノートブックを選択を選択します。

● 使用方法
 メニューで「Get QR code and data save」を選択すると、QR読み込みモードになります。
 キャンセルボタンを押すとメニュー画面に戻ります。
 「Options」により、初期設定をやり直すことができます。
 なお、登録された書籍データの中にあるAmazon及び楽天へのリンクには、アフィリエイトキーを埋め込んでいます。

● 重複登録について
 同じ書籍を入力しようとするとした場合、確認のダイアログが表示されます。
 「削除」「重複登録」「登録しない」のいずれかを選択できます。
 「削除」は、登録されているデータを削除することができ、書籍を処分するようなときに、Evernoteからデータを削除するときを想定しています。

Recent changes:
カメラ撮影時の画面の向きについて、Landscape(横長)とPortrait(縦長)の両方に対応しました。(0.03)
処理を全面的に見直しました。(0.02)
Add to list
Free
50
2.5
User ratings
2
Installs
100+
Concerns
0
File size
910 kb
Screenshots
Screenshot of Evernoteで書籍管理 SpringBookshelf Screenshot of Evernoteで書籍管理 SpringBookshelf Screenshot of Evernoteで書籍管理 SpringBookshelf
About Evernoteで書籍管理 SpringBookshelf
Evernoteを書籍管理ツールにするための、Evernote用の書籍データ入力アプリです。
(以前は、Springpadに対応したアプリだったのですが、サービスが終了してしまったため、対応プラットフォームをEvernoteに変更しました。)

書籍のバーコードを読み取るだけで、書籍データをWeb上から取得し、自動的にEvernoteにデータを登録できるようになります。バーコードのない古い書籍などについては、キーワードによる検索にも今後対応を予定しています。

● 事前の準備
・ Evernoteを使用するためのユーザ登録
 Evernoteを使ったことのない方は、Evernoteを使用するために、ユーザ登録を行ってください。
・ 書籍登録用ノートブックの作成
 書籍データを登録するノートブックを作成してください。
 ノートブックを作成しなくても動作に支障はありません。

● インストール後の作業
・ 初期設定
 アプリを起動すると、まず、Evernoteへのアクセス認証を行うことになります。
 次に、オプション設定を行います。
 タグとして登録する項目(出版社名および著者名)の選択を行います。
 次に、書籍を登録するノートブックを選択を選択します。

● 使用方法
 メニューで「Get QR code and data save」を選択すると、QR読み込みモードになります。
 キャンセルボタンを押すとメニュー画面に戻ります。
 「Options」により、初期設定をやり直すことができます。
 なお、登録された書籍データの中にあるAmazon及び楽天へのリンクには、アフィリエイトキーを埋め込んでいます。

● 重複登録について
 同じ書籍を入力しようとするとした場合、確認のダイアログが表示されます。
 「削除」「重複登録」「登録しない」のいずれかを選択できます。
 「削除」は、登録されているデータを削除することができ、書籍を処分するようなときに、Evernoteからデータを削除するときを想定しています。

Recent changes:
カメラ撮影時の画面の向きについて、Landscape(横長)とPortrait(縦長)の両方に対応しました。(0.03)
処理を全面的に見直しました。(0.02)

Android Market Comments
No comments in the Android market yet
Version 1000000
Version 1000000